Girl on the Street Corner

“Hey! Buy a liquor!”
The man yells.

“I don’t have any money.”
The girl murmurs.

“Sell something and make money!”
“Nothing sells.”

“You should sell your body!”
So his daughter was driven out of the house.

The girl standing on the street corner at night.

Cold winter wind blows through.
The girl in summer clothes seems to freeze.

The girl speaks to passers-by.
“Someone, please buy my body.”

A middle-aged man stops.
“Yeah, I bought your one leg!”

The girl sells one leg and buys liquor with that money.
The girl goes home on one leg.

The man steals liquor from her and drinks it up quickly.
“Buy more liquor!”

“I’m out of money.”
“You should sell more of your body!”

The girl standing on the street corner at night again.
“Someone, please buy my body.”

A middle-aged man stops.
“Yeah, I bought your one leg!”

“I can’t sell this one leg because I can’t walk.”
“Now I get one hand of you.”

The girl sells one hand and buys liquor with that money.
The girl goes home with one hand and one leg.

The dad steals liquor and drinks it up quickly.
“Buy more liquor!”

“I’m out of money.”
“You should sell your body more!”

The same is repeated in this way.

The girl sells the body,
A middle-aged man bought a girl ’s body,
A man drinks liquor.

The girl had no body left to sell.

She sold everything that could be sold.
She sold even one leg she left.

Then she can’t walk, so she scolds and rolls.

But it was muddy and miserable,
so no one would buy her body anymore.

The girl rolling on the street corner at night.

She can’t wear summer clothes
and the north wind is cold.

A kind middle-aged man gave her a matchbox,
but she has no finger to rub it.

The girl speaks to passers-by.
“Please buy some of my life.”
 


【 街角の少女 】

「こらっ! 酒を買ってこんかい!」
親父が怒鳴る。

「おカネないよ」
娘がつぶやく。

「なんか売ってカネにしろ!」
「売れるもの、なんにもないよ」

「おまえのカラダを売ればいいだろが!」
それで娘は家を追い出されてしまった。

夜の街角に立つ少女。

冬の冷たい風が吹き抜ける。
夏服の少女は凍えてしまいそうだ。

少女は通行人に声をかける。
「あたしのカラダ、どなたか買ってください」

中年男が立ち止まる。
「よし。その足、買った!」

少女は片足を売り、そのカネで酒を買う。
少女は片足になって家に帰る。

親父は酒を奪い、すぐに飲み干してしまう。
「もっと酒を買ってこい!」

「お金なくなったよ」
「もっとカラダを売ればいいだろが!」

再び夜の街角に立つ少女。
「あたしのカラダ、どなたか買ってください」

中年男が立ち止まる。
「よし。その足、買った!」

「この足は売れないよ。歩けなくなるから」
「それじゃ、こっちの手でいいや」

少女は片手を売り、そのカネで酒を買う。
少女は片手片足になって家に帰る。

親父は酒を奪い、すぐに飲み干してしまう。
「もっと酒を買ってこい!」

「お金なくなったよ」
「もっとカラダを売ればいいだろが!」

こうして同じことが繰り返される。

少女はカラダを売り、
中年男は少女のカラダを買い、
親父が酒を飲む。

少女にはもう売れるカラダが残っていなかった。

売れるところはみんな売ってしまった。
残しておいた片足まで売ってしまった。

それでは歩けないから
這ったり転がったりして進むのだ。

でも、泥だらけになって惨めな姿なので
もう誰も買ってくれないのだった。

夜の街角に転がる少女。
夏服も着れなくなって北風が身にしみる。

親切そうな中年男がマッチ箱をくれたけど
それを擦るための指はない。

少女は通行人に声をかける。
「あたしのイノチ、どなたか買ってください」
 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s