I Was Arrested

He was a man who didn’t look like a police officer.

He had no face.
I couldn’t see it hidden in his long hair.

“Do not useless resistance. I will arrest you.”
He handcuffed me.

“Well, what is the charge?”
I asked a question for the time being.

“It is a felony to not know the charges.
I will carry you.”

As it was,
we walked in the familiar downtown area.

On the way, I met a familiar drum holder.

“You have a good pattern today,
where are you going?”

“I don’t know that.”

“It’s also very difficult.”
“Oh, you still think so, right?”

The drum holder began to beat the waist drum,
laughing screamingly.

The faceless man ignored the sound of drums.
He just said he had no ears.

Eventually we turned a strange corner.

It was a building
that didn’t look like a police station.

For some reason
it was reminiscent of a broken melon cross section.

The entrance to the dog guards was narrow,
and the corridor with the cow’s neck rolling
was hard to walk.

A candle was lit upside down on the ceiling,
and melted wax was hanging on the floor.

We had to walk with care so that
we didn’t accidentally slip the soles and fall.

The aisle was going up and down steep stairs,
turning intricately like a maze.

Eventually, the underground space we arrived at
was a gambling place no matter how we saw it.

It was busier than the downtown area.

“Is that gambling violating the law?”
Not surprisingly, he ignored the question.

“I just strangled it a little.”
The stuffed chicken was justified.
The neck was about to break.

“Hmm. All three-fingered owners are bad.”
A drunk woman complained.
There were seven fingers in the open hand.

Finally the handcuffs were removed.

“Come on, bet here!”
A faceless man softly whispered at his ears.
“If there is value for betting.”
 


【 逮捕されて 】

警察官らしからぬ男だった。

そいつには顔がなかった。
長い髪に隠れて見えなかったのだ。

「無駄な抵抗はよせ。おまえを逮捕する」
手錠をはめられた。

「はて? 罪状はなんでしょうか」
とりあえず質問してみた。

「罪状を知らぬとは重罪だ。連行する」
そのまま見慣れた繁華街を歩かされた。

途中、顔見知りの太鼓持ちに出会った。

「旦那、本日はお日柄もよく、どちらまで?」
「それがな、わしにもよくわからんのだよ」

「それはまた、なんとも大変でげすね」
「ああ。やっぱり、おまえもそう思うんだね」

太鼓持ちはヘラヘラ笑いながら
腰の太鼓を叩き始めた。

顔のない男は太鼓の音を無視した。
まるで耳もないと言わんばかりに。

やがて、見知らぬ街角を曲がった。

それは警察署らしからぬ建物だった。
なぜか割れたメロンの断面を連想させるのだった。

犬の番兵が立つ玄関は狭苦しく 
牛の首が転がる廊下は歩きにくかった。

天井には斜め逆さにロウソクが灯され 
溶けたロウが床の上に垂れていた。

うっかり靴底を滑らせて転ばぬよう
我々は注意して歩かなければならなかった。

通路は迷路のように複雑に曲がりながら
急な階段を上り下りするのだった。

やがて辿り着いた地下の奥の空間は
誰がどう見ても賭場になっていた。

繁華街よりにぎやかだった。

「あの、博打は法律にふれんのですか?」
当然のように、その質問は無視された。

「ちょいと軽く首を絞めただけですよ」
ぬいぐるみの鶏が弁明していた。
その首は今にも千切れそうに折れていた。

「ふん。みんな三つ指の亭主が悪いのさ」
酔っぱらいの女が愚痴をこぼしていた。
その開いた手の指は七本あった。

やっと手錠がはずされた。

「さあ、ここで何か賭けてみろ」
顔のない男が、そっと耳元で囁くのだった。
「もしも賭ける値打ちがあるなら」
 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s