Zebra Corridor

There is a gray cat
in the back of the corridor of the shared apartment.

Although it is dark and invisible,
two small eyes shine golden.

When it comes in, it’s hard for me to get it out.

I opened the sliding door
and at the same time slipped into the room
and quickly closed the door with noise.

However, the building was too old.

There is a large gap
between the sliding door and the pillar,
and I can see the corridor from there.

After all,
the figure of the gray cat floats in the darkness.

When I squint, it looks like a gray mouse.

If it is so small,
it must enter the room through the gap in the door.

I have to do something about it.

I’m frustrated, and for the time being,
I try to fill in the gap with a book near me.

Then, the gray mouse seemed to be interested
in my movement.

It quickly approached the door gap.

However, it does not seem to be a mouse.
The face is slender and looks like a horse.

Moreover, it is not gray,
but a white and black striped pattern.

A horse with a black and white stripe is Zebra.

It seems to be angry.
To the proof, it barks.

However, for some reason I can’t hear the voice.

How can I prevent such a small zebra
from entering the room?

Such a thin book is useless.

But if I move to get a thicker book,
the angry zebra will surely break into the room.

What’s worse,
the gap between the doors is gradually expanding,
what it means.

I was in trouble.
I’m really in trouble.

There seems to be someone
in the room behind the corridor,
that is, the next empty room.

I haven’t heard from the landlord,
but did a new resident come in?

At that time,
the sliding door of the next room opened,
and the light of an incandescent light bulb
overflowed into the corridor.
 


【 ゼブラの廊下 】

下宿の廊下の奥に灰色の猫がいる。

暗くてはっきり見えないが
ふたつの小さな眼が金色に光っている。

あいつに入られたら、追い出すのは大変だ。

引き戸を開けると同時に部屋に滑り込み、
すばやく戸をピシャリと閉める。

けれど、あまりにも建物が古かった。

引き戸と柱の合わせ目に大きな隙間があり、
そこから廊下がよく見えるのだ。

やはり灰色猫の姿が闇に浮かぶ。
目を凝らすと、灰色の鼠のように見える。

こんなに小さくては、戸の隙間から
部屋の中に入られてしまうに違いない。

なんとかしなければならない。

あせってしまい、とりあえず
近くにあった本で隙間を埋めようとする。

すると灰色鼠は
こちらの動きに興味を持ったらしい。

いそいそと戸の隙間に近寄ってきた。

ところが、それは鼠でもないようなのだ。
顔が細長くて、馬のように見える。

しかも灰色ではなく、白と黒の縞模様。
白黒の縞の馬ならゼブラである。

どうも怒っているらしい。
その証拠に、いなないている。

ただし、なぜか声は聞こえない。

こんな小さなゼブラが部屋に入ろうとするのを
どうやって阻止できよう。

こんな薄い本では役に立たない。

しかし、もっと厚い本を取ろうと移動すれば
きっと怒れるゼブラが部屋に侵入する。

さらに悪いことには、どういうつもりなのか
戸の隙間が徐々に拡がっているのだ。

ううん、困った。
じつにまったく困ってしまった。

廊下の奥の部屋、つまり隣の空き部屋に
誰かいるような気配がする。

大家から話を聞いていないが
新しい住人でも入ったのだろうか。

その時、隣の部屋の引き戸が開き、
白熱電球の明かりが廊下にあふれた。
 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s