A Tooth for an Eye

For a moment I thought that she was awesome beauty.
I gazed at her and I had a hard time peeling off it.

I changed my position and looked at her again.
However, it is somewhat strange.

She is not beautiful.
She may be less than usual.

This time my eyes met with another woman.
This time, I thought she was a tremendous beauty.

It is a different type of beauty than the previous woman.

Disagreeable.
The previous woman was not a beauty.

I have to look carefully.
I have to reflect on.

Then she was still not beautiful.
Even if it is for her now, of course, she is now.

I continued to repeat such five people continuously.
I can not believe my eyes.

What on earth did I get?
I was thinking in a while, was I finally crazy?

Maybe it’s because of the dental treatment?
I just made an anterior tooth as a false tooth.

Moreover, the tooth height does not match.

Even if I want to chew with my back teeth,
I get the front teeth.

Anyway, recent dentists are good.
Above all, it does not hurt like the old days.

And there are many beautiful dental assistants.
It may be a professional selection tendency of a dentist.

It is as pleasing as a customer or a patient.
Just sitting on an electric chair makes me excited.

A young woman scrapes in my embarrassing mouth.

I close my eyes almost during my treatment.

Because I do not want her to think that
I am an insensitive man.

Actually I wanted to open my eyes and look up.
I open my mouth and close my eyes.

It is unnatural.
Oh, it’s unnatural.

Again, this is due to the treatment of teeth.
 


【 目には歯を 】

一瞬、ものすごい美人だと思った。
視線が合い、それを剥がすのに苦労した。

位置を変え、再び彼女を盗み見た。
ところが、なんだかおかしいのだ。

美人じゃない。
普通以下かもしれない。

今度は別の女性と目が合った。
今度こそ、ものすごい美人だと思った。

さっきのとは別タイプの美人だ。

いや。
さっきのは美人じゃなかった。

よく見なければいけない。
反省しなければ。

すると、やはり美人ではないのだった。
さっきのはもちろん、今度のも。

そんな反省を、続けて五人も繰り返した。
自分の目が信じられなくなった。

いったいどうなってしまったんだ。
そのうちにとは思っていたが、ついに狂ったか。

ひょっとして、歯の治療のせいだろうか。
前歯を差し歯にしたばかりなのだ。

しかも歯の高さが合ってない。
奥歯で噛みたくても前歯が当たるのだ。

それにしても、最近の歯医者はいい。
なにより、昔みたいに痛くない。

そして、歯科助手には美人が多い。
歯科医師の職業的選択傾向かもしれない。

客というか患者として嬉しい限りだ。
電動椅子に座っただけでドキドキする。

若い女性に恥ずかしい口の中を掻きまわされる。

歯の治療中はほとんど目を閉じている。
無神経な男と思われたくないから。

本当は目を開けて見上げていたいのに。

口を開けて、目を閉じる。
不自然だ。ああ、不自然だ。

やはり、これは歯の治療のせいなのだ。
 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s