Pink Hot Spring

It looks like a hot spring.
The area is wrapped in pink steam.

I had no memories of taking it off,
but I was naked.

I move in the direction of the sound of water.

I had to walk carefully.
The ground is slippery so it’s slippery.

Eventually, I could see the pink river.

A boat floats on the river.
A ship floating in a hot spring must be a bathtub.

Someone was on the bathtub.

I can vaguely see the back of someone taking a bath.
Long black hair and white skin are strangely dazzling.

The bathtub flows toward here.
It is strange that there is no boatman.

“Can you ride with me?”
It was a nostalgic voice of a woman.

Like I heard it somewhere in the past,
or I didn’t hear it.

“Your body will get cold.”

As always,
the woman in the bathtub remains in the back.

I like or don’t want to see that face.
 


【 桃色の温泉 】

どうやら温泉のようである。
あたりは桃色の湯煙に包まれている。

脱いだ記憶はないが裸であった。

水音のする方向へ進んでゆく。

慎重に歩かなければならなかった。
足もとがヌルヌルしているので滑りやすいのだ。

やがて桃色の川が見えてきた。

川面には船が浮かんでいる。
温泉に浮かぶ船なら湯船に違いない。

その湯船に誰かが乗っていた。

湯浴みする後ろ姿がぼんやりと見える。
長い黒髪と白い肌が妙になまめかしい。

湯船はこちらに向かって流れてくる。
船頭もいないのに不思議なこと。

「一緒に乗ってくださいますか」

なつかしい女の声であった。
昔、どこかで聞いたような、聞かないような。

「からだが冷えてしまいますよ」

あいかわらず湯船の女は後ろ姿のまま。
その顔を見たいような、見たくないような。
 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s