Factory Area

“You are free to rest,
but you must not rest this month.”

“Oh, I have no plans to take a rest.”

“The sales are not enough.”
“Oh, I know.”

I turn my back on him.
(Hmm. I’m free to die though.)

This boss was my middle school classmate.

I leave him and leave the factory.

Eventually, I cross the brick bridge.

It’s an old and big bridge,
so the area under it is dark.

A river of indescribable colors is flowing.

It stinks heavily while giving off a strange odor,
and it looks like a giant earthworm is crawling.

There is a riverbed
full of garbage just across the river.

A long-legged girl stood on it.

I wanted to see her closer.

When I crossed the brick bridge,
my body leaned so that I could pull it.

I roll off the bank and land on the riverside.

Safety shoes with iron plates
are buried in an annoyingly soft ground.

This is the riverside
of the accumulated industrial waste.

I hadn’t noticed it until now,
but many children were playing.

Eyes meet with the girl.

Her face, which should be clean, was broken.

She was a child
with many malformations in the factory area.

Still, for some reason,
I thought she was so beautiful.

I want to go near her.
I have to cross the river for that.

A little further away is the Y-junction of the river,
which is filled with illegal waste.

I can manage to reach the other side.

What’s interesting is that
a boy imitates me from behind.

The boy fell into the river.
He screams and rampages.

The strong acid melts the skin.

Nobody tries to help him.
Of course, me too.

Even so, the familiar screams.

This boy was also my middle school classmate.
 


【 工場地帯 】

「休むのは自由だが、今月は休むな」
「ああ、休む予定はねえよ」

「売り上げが足らねえんだからな」
「ああ、わかってるって」

俺は背を向ける。
(ふん。死ぬのも自由だがな)

この上司は中学の同級生だった。

彼と別れ、工場を出る。

やがて、レンガ橋を渡る。
古くて大きな橋なので、その下は暗い。

なんとも言えぬ色の川が流れている。

異臭を放ちながら重く淀み、
巨大なミミズが這っているようにも見える。

川を挟むようにゴミだらけの川原がある。
その上に脚の長い女の子が立っていた。

もっと近くで彼女を見たい、と俺は思った。

レンガ橋を渡ったところで
引き寄せられるように体が傾いた。

土手から転がり落ちて川原に降り立つ。

悩ましいほど柔らかい地面に
鉄板入りの安全靴が埋まる。

ここは堆積した産業廃棄物の川原なのだ。

今まで気づかなかったが
たくさんの子どもが遊んでいた。

さっきの女の子と目が合う。

きれいなはずの顔が崩れていた。
工場地帯に多い奇形児だった。

それでもなぜか、とても美しいと思った。

彼女の近くへ行きたい。
そのためには川を越えなければならない。

少し離れたところに川のY字路があり、
そこは違法廃棄物で埋まっている。

なんとか反対側まで渡れそうだ。

何が面白いのか、俺の真似をして
男の子が背後からついてくる。

その男の子が川に落ちた。
すごい悲鳴をあげて暴れる。

強い酸のために皮膚が溶けるのだ。

誰も助けようとしない。
もちろん、俺もだ。

それにしても、聞き覚えのある悲鳴。

この男の子も中学の同級生だった。
 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s