Second-Hand Bookstore

On the way home, I look at a used bookstore.

I was looking for a book
about foreign language grammar.

However, the entrance
under the eaves of the secondhand bookstore
was closed by a shelf with fine partitions.

It wasn’t a bookshelf.

Lined with elongated springs, pins, or screws.

I picked them up with my fingers and looked up,
and a horizontal sliding door on the shelf opened.

The wrinkled old woman’s face appeared,
“I think I’ll close it.”

I see, it’s already dusk.

“Oh, I see.”

I hurriedly put the metal parts
that were on my fingers back on the shelf.

“When do you start tomorrow?”

The old woman replies to the question.

However, I didn’t want to know the opening time,
so I didn’t listen carefully.

“Oh, I see.”
I respond appropriately and leave to escape.

(Hmm. I’ll never go to that second hand bookstore.)

In the first place, I don’t really want to know
about foreign language grammar.
 


【 古本屋 】

帰宅の途中、古本屋をのぞく。
外国語の文法に関する本を探していたのだ。

ところが、その古本屋の軒下にある入り口は
細かな仕切りのある棚で塞がれていた。

それは本棚ではなかった。

細長いスプリングやピン、
またはネジのようなものが並んでいる。

それらを指でつまんで調べていると
棚の上にある横長の引き戸が開いた。

しわだらけの老婆の顔が、ぬっと現われ
「もう閉めようと思うとるんやけどな」

なるほど、もう夕暮れである。

「ああ、そうですか」
指につまんでいた金属部品をあわてて棚に戻す。

「明日は何時からやってますか?」

その質問に対して老婆が返事をする。

けれども開店時間を知りたいわけでもないので
ほとんど注意して聞いていなかった。

「ああ、そうですか」
適当に相槌を打ち、逃げるように去る。

(ふん。あんな古本屋、二度と行くもんか)

そもそも外国語の文法にしたって
ことさら知りたいというわけでもないのだ。
 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s