A Tutor

I became a tutor for a twin.

Two girls with exactly the same face and body.
So-called identical twin sisters.

Moreover, both are children who refuse to go to school.

The twins knew everything, so I had nothing to teach.

They could decide for themselves any problem.
I could only think so.

“You. We don’t need to study at school.”
When the mother left the room, they said so.

“We don’t care about that.”
They just want a good tutor to be there.

In other words,
they just want to reassure their mother.

In fact,
their academic abilities were above standard.

The exchange of information between the sisters
is fast and uses words
that only the two can understand.

They make full use of original gestures
and sign language.

I even wonder if it’s telepathic.

“Because we look at books
and computers that we don’t know.”

The house has a large library,
especially dictionaries that are more abundant
than poor public libraries.

They study and play on their own.
And when I participate, they get in the way.

Being like a tutor in front of their mother
was my only job.

But I also have pride.
There must be something I can teach them.

Behind them, who seem to be studying crazy,
I begin to take off my clothes.

“This room is somewhat hot.”
I take off my jacket and all my underwear.

And while I’m naked, I walk around them.
“Oh, it’s hot. It’s very hot.”

Not only did I go around,
I posed various strange poses along the way.

The twins seemed to be interested in me.

I showed my twin sister’s hot eyes to my skin,
even doing a handstand and a dragonfly.

“He’s pretty good, isn’t he?”
When one was impressed, the other agreed.

“Yes. More than the previous tutor.”
 


【 家庭教師 】

僕は双子の家庭教師になった。

顔も体つきもそっくりなふたりの女の子。
いわゆる一卵性双生児の姉妹だ。

しかも、どちらも登校拒否児。

双子はなんでも知っているので
僕はなんにも教えることがないのだった。

どんな問題でも自分たちで判断できた。
そうとしか思えないのだった。

「先生。学校の勉強はいいの」
母親が部屋を出ると、そう言うのだった。

「そんなのどうでもいいのよ」

優秀な家庭教師がいればいい。
つまり、母親を安心させたいだけなのだ。

実際、学力は標準以上だった。

姉妹間での情報交換のスピードは速く、
ふたりだけにしか理解できない言葉を使う。

オリジナルの身振りや手話まで駆使する。
テレパシーだろうか、と思うことさえある。

「知らないことは本やパソコンで調べるから」

この家には広い図書室があって
ことに辞典類は下手な公立図書館より豊富だ。

彼女たちは勝手に勉強したり遊んだりする。
それに僕が参加すると邪魔なのだ。

母親の前で家庭教師らしく振る舞うこと、
それが僕の唯一の仕事なのだった。

しかし、僕にもプライドというものがある。
なにか教えられることがあるはずだ。

夢中で勉強しているらしい姉妹の背後で
僕はおもむろに服を脱ぎ始める。

「この部屋、なんだか暑いな」
上着を脱ぎ、下着も全部脱いでしまう。

そして、裸のまま姉妹のまわりを歩きまわる。
「ああ、暑い。とっても暑いな」

ただグルグルまわるだけでなく、
途中、いろんな奇妙なポーズをとった。

さすがの姉妹も僕に興味を持ち始めたようだ。

僕は双子の姉妹の熱い視線を肌に感じながら
逆立ちやトンボ返りまでして見せた。

「なかなか立派じゃないの」
片方が感心すると、もう一方も同意した。

「そうね。前の家庭教師よりはね」
 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s