Mushroom Pharmacy

As mushrooms grew on my forehead, 
I rushed to a nearby pharmacy.

I was familiar 
with a late-night pharmacy shopkeeper.

“You were lucky, if you had a nose”
“What happens if mushrooms grow on my nose?”

“Well, of course, the girls laugh at you.”
Happy shopkeeper smile.

I’m not happy at all.

Anyway, medicine.

A variety of large and small chemicals are displayed 
on the shelves without any gaps.

“Is there any medicine 
that works for the mushroom on the forehead?”

“Um, this is an old medicine.”

“Hey, is that soy sauce?”
“Yeah. Bake it, pour it and eat it, it’s really good.”

He is drooling.
He is obviously overdose.

“Customer. Sorry.”

His daughter appeared from the back of the store.
She was still a student.

She lets her father, a shopkeeper, 
go down into the store.

“Recently, my dad is a bit strange.”
She blushes her innocent cheeks shyly.

“Um, this is what works for the forehead mushrooms.”
“Is this what you mean?”

“Yes. It’s a contraceptive.”
 


【 キノコの薬局 】

額にキノコが生えてきたので 
あわてて近所の薬局へと走った。

深夜営業の薬局のあるじとは顔なじみだった。

「あんた、運が良かったよ。もし鼻だったら」
「キノコが鼻に生えたら、どうなる?」

「そりゃ勿論、女の子に笑われます」
嬉しそうな主の笑顔。

こっちは嬉しくもなんともない。

なにはともあれ、薬だ。

あやしげな大小様々な薬品類が 
いわくありげな棚に隙間なく陳列されている。

「額のキノコに効く薬、ないかな?」
「ええとだね、これは昔からある奴だけど」
「・・・・ちょっと。それ、醤油しょうゆだろ?」
「うん。焼いて掛けて食べると、すっごく旨いんだ」

よだれを垂らしている。
明らかに薬のやりすぎだ。

「お客様。どうもすみません」

店の奥から娘が現われた。
まだ学生だった。

彼女は父親である主を店の奥に下がらせる。

「最近、父はちょっとおかしいんです」
その初々ういういしい頬を恥ずかしそうに赤らめる。

「ええと、額のキノコに効くのは、こちらです」
「・・・・これって、あの、まさか・・・・」

「そうです。まさに避妊具です」
 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s