Beaker Fire

White powder is in a paper bag.
Probably it is flour.

I put the powder in a beaker
and stand several test tubes like incense sticks.

Apparently I am doing a chemistry experiment.

A friend comes to the room.
After talking about something, he leaves.

I forgot about white powder.

I was sitting on the edge of the bed
and was dim for a while.

Then, the room may have been a bedroom.

Suddenly, I saw something glowing yellow
at the edge of my view.

There was a beaker with white flour on the floor.
I lift it.

It is on fire.

Flames came out of several test tubes
as if they were candles.

I felt that the test tube seemed to be broken by heat,
so I had to put out this fire immediately.

I think so.

However, whether I blow, shake a beaker,
or swipe my fingertips,
the flame just shakes with joy.

It may explode as it is.
I don’t want to explode in the room.

I rush out of the window
and stand barefoot on the tin roof.

I’m worried about breaking the beaker
and trying to put the beaker in a big beaker
where I took it from.

However, large beakers are not very large,
and the outer beaker breaks.

Shards of glass scatter on the roof.
They slip and fall onto the garden below the eaves.

“It hurts. Oh, it hurts.”

From here I can’t see the person,
but I hear the voice of a girl.

A piece of glass must have pierced her body.

Glass shards continue to fall down.

The voice of the girl continues
to be heard from below.

“I will sue. I will sue. I will sue.
I will never forgive you.”

I feel uneasy.

Still, the fire in the beaker is not going out.
 


【 ビーカーの火 】

白い粉が紙袋の中に入っている。
おそらく小麦粉であろう。

その粉をビーカーの中に入れ 
線香のように数本の試験管を立る。

どうやら化学実験をしているらしい。

部屋に友だちがやってくる。
なにごとか話してから彼は立ち去る。

おかげで白い粉のことは忘れてしまった。

僕はベッドの端に腰かけ しばらくぼんやりしていた。

すると、部屋は寝室だったのかもしれない。 

ふと、視界の端に黄色く光るものが見えた。

床の上に白い粉の入ったビーカーがあった。
それを持ち上げる。

火がついている。

立てた数本の試験管から 
まるでロウソクみたいに炎が出ていた。

熱で試験管が割れそうな気がして 
この火をすぐに消さなければならない。

そんなふうに僕は思う。

ところが、息を吹きかけても 
ビーカーを振っても、指先を泳がせてみても 
いかにも楽しそうに炎は揺れるだけ。

このままでは爆発するかもしれない。
部屋の中で爆発されては困る。

僕は急いで窓から出ると 
トタン屋根の上に裸足で立つ。

ビーカーが割れるのを心配して 
どこから取り出したのか 
大きなビーカーの中にビーカーを入れようとする。

けれど、大きなビーカーはあまり大きくなくて 
外側のビーカーの方が割れてしまう。

ガラスの破片が屋根の上に散らばる。
そのまま滑って軒下の庭の上に落ちてゆく。

「痛いな。ああ、痛いな」

ここからでは姿は見えないけれども 
女の子の声がする。

ガラスの破片が刺さったに違いない。

ガラスの破片は下に落ち続けている。
下からは女の子の声が聞こえ続けている。

「訴えてやる。訴えてやる。訴えてやる。
 あたしはあんたを決して許さない」

なんとも不安な気分になる。
なのに、まだビーカーの火は 消えそうにないのだ。
 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s