The Rule

A man in white uniform stopped me.
“You seemed to grab the girl’s ankle?”

I felt rude, but I nodded.
The ankle of a young woman is my hobby.

“And you didn’t even cheek on it?”

That soft touch revives.
So my cheek muscles just loosened.

“It’s annoying. It’s a violation of the rules.”

I pretended to be struggling to understand.
“Do you have such rules?”

“You don’t think that is the case.
But there are, actually.”

He lowered his rucksack from his back
and pulled out one thick book from inside.

Then he turned the page for a while,
but eventually showed me fine text.

Indeed, it was certainly written.

“I can’t help with the rules.”
I took off my shoes and socks and went barefoot.

The man kneels on the ground.
And grabbed my ankle.

I look up at the sky.
At that moment, my calf had a strange feeling.

“Wow…”
The feeling was so intolerable that
my voice leaked unexpectedly.

“Be careful, it’s a rule anyway.”

The man in white uniform abandoned
and walked away,
rubbing his cheeks with both hands.

I felt so deeply and deeply in reflection
while wearing socks.
 


【 ルール 】

白い制服の男に呼び止められた。
「君、女の子の足首をつかんだそうだな」

失礼な気はしたが、私はうなずく。
若い女性の足首は、私の趣味なのだ。

「しかも、頬ずりまでしたそうじゃないか」

あの柔らかな肌触りがよみがえる。
そのため、つい頬の筋肉が緩んでしまう。

「困るね。それ、ルール違反だよ」

理解に苦しむ、という表情を私は装った。
「そんなルールまであるんですか?」

「ないと思うだろう。
 ところが、あるんだな、これが」

男は背中からリュックサックを下ろすと 
中から一冊、分厚い本を引き出した。

それからしばらくページをめくっていたが 
やがて私に細かい文字を示すのだった。

なるほど、確かに明文化されていた。

「ルールなら仕方りませんね」
私は靴と靴下を脱いで裸足になった。

男は地面にひざまずく。
そして、私の足首をつかんだ。

私は天を見上げる。
その瞬間、ふくらはぎに異様な感触があった。

「うっううう・・・・」
その感触あまりに耐え難く、思わず声がもれてしまった。

「これからは注意しろよ。
 なにしろルールなんだからな」

白い制服の男は言い捨てると 
両手で頬をこすりながら立ち去った。

私は靴下を履きながら
どこまでも深く深く反省するのだった。
 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s