A Knife on My Throat

She has a knife blade on my throat.

I can not move.
She kills me if I move.

“Are you scared of me?”

To be honest I am scared of her.
I am already incontinent.

But now it is more scary to be disliked by her.
It is better to die if she thinks I’m boring.

“If I say that I’m not scared, you should not believe.”

My voice was shaking.
There is no way.

She laughed.
She might have valued me lightly.

“I can believe in you.”

How can I satisfy her?

Create awareness.
There should be means.

“I can hear you beating.”

My earlobe pressed against her chest.
I hope she can afford my mind.

“That’s not your own heartbeat?”

I was surprised.
I feel that way when pointed out by her.

But don’t admit it easily.

“Maybe it’s the same rhythm as you.”

Am I looking strong?
Did I get used to her?

“Oh, it’s an honor.”

It must be ironic.
Her voice is honest.

The cutting edge of the knife pierces my throat.

My heart beats down.
My consciousness goes away.
 


【 喉にナイフ 】

ナイフの刃を喉に当てられている。

身動きできない。
動けば殺される。

「あんた、私が怖いのかしら」

正直なところ怖い。
もう失禁してる。

だが今、彼女に嫌われるのは
もっと怖い。

退屈な奴と思われるくらいなら
死んだ方がマシだ。

「怖くないと言っても、信じないくせに」

声が震えていた。
仕方あるまい。

笑う彼女。
軽く見られたかもしれない。

「信じてあげてもいいわよ」

どうすれば彼女を満足させられるのか。

意識をめぐらすのだ。
手段はあるはずだ。

「君の鼓動が聴こえるよ」

彼女の胸に押し当てた耳たぶ。
心に余裕があるように思われて欲しい。

「それ、自分の鼓動じゃないの?」

驚いた。
指摘されるとそんな気もする。

しかし、簡単に認めてはいけない。

「たぶん、君と同じリズムなんだ」

強がりか。
馴れ馴れしかったか。

「あら、それは光栄ね」

皮肉に違いない。
彼女の声は正直だ。

ナイフの刃先が喉に突き刺さる。

鼓動が弱まる。
意識が遠のいてゆく。
 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s