Beauty Restaurant

I feel like I was with someone.
That night, I should have never been alone.

I am not hungry, but I entered the restaurant.
I think I was pretty drunk.

“I ordered the beauty sole meunière.”

I was just a joke.
Because the waitress was beautiful.

“Yes, I got it.”
For some reason she did not smile.

That was a strange cooking
that was being carried for a while.

The face of the waitress was pale.

She holds her mouth with one hand,
does she endure nausea?

I was worried as expected.
“You, are you OK?”

The beautiful woman desperately swung her head.
The beauty firmly holds her mouth down.
 


【 美女の食堂 】

誰かと一緒だったような気がする。
あの夜、ひとりではなかったはずだ。

空腹でもないのに食堂に入った。
かなり酔っていたらしい。

「美女の舌びらめのムニエルをくれ」

ほんの冗談のつもりだった。
美しいウェイトレスだったから。

「はい。かしこまりました」
なぜか笑ってもらえなかった。

しばらくして運ばれてきたそれは
なんとも奇妙な料理だった。

ウェイトレスの顔は蒼ざめていた。

片手で口もとを押さえているのは
吐き気をこらえているのだろうか。

さすがに心配になってきた。
「あんた、大丈夫か?」

その娘は必死で首を振るのだった。
しっかりと口もとを押さえたまま。
 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s