Sudden Stage

I was applauded and stood on the stage.

A crowded audience.
Eyes on expectations.

The lighting is dazzling.

There was no moderator.
There was no one to guide me.

My head was pure white.
I couldn’t remember anything.

“Um, what should I do?”

This question was very interesting to the audience.
The laughter resounding in the venue.

But I was not a comedian.

“I can’t sing very well.”

This was also interesting to the audience.
Am I a singer?

And then no orchestra can be found.

For the time being, I danced randomly.
I stopped swiftly because I heard an abuse.

“Where is this place?”
This was totally unacceptable to the audience.

“Who am I?”
There was no response from the audience.

“Who are you …”

Rising audience.
Countless blame eyes.

However, this stage is not likely to end.
 


【 突然の舞台 】

拍手に迎えられ、舞台に立った。

埋めつくされた客席。
期待のまなざし。

やけに照明がまぶしい。

司会者はいなかった。
案内をしてくれる人も。

頭の中が真っ白だった。
何も思い出せなかった。

「あの、私は何をすればいいのでしょうか?」

この質問は大いにウケた。
会場に響き渡る笑い声。

しかし、私はコメディアンではなかったはず。
「あまり歌はうまくないのですが」
これもウケた。歌手だったのだろうか。

それにしては楽団が見当たらない。

とりあえず、でたらめに踊ってみた。
罵声が聞こえたので、すぐにやめた。

「ここは、どこなんですか?」
まるでウケなかった。

「そもそも、私は誰ですか?」
まるでウケなかった。

「あなたがたは、いったい・・・・」

ざわめく客席。
数え切れぬほどの非難のまなざし。

だが、それでも
この舞台は終わりそうもない。
 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s