Forest of Memory

I imagine a lush forest landscape.

Quiet air.
Sunbeams swaying through the trees.

A narrow road like a snake.
I am walking alone in the woods.

That’s all.
Nothing.

Or maybe it’s a childhood memory.

By the way, someone is watching me young.

Such a memory is not at all,
but suppose there is a person who sees me young.

The person is hiding in a grove and staring.
He is still moving and looking silently.

I am not aware of that gaze.

Again, there is no such memory.
But, nevertheless.

Who is it?
 


【 記憶の森 】

緑豊かな森の風景を想い描く。

森閑とした空気。
揺れる木漏れ日。

蛇のような細い道はけもの道。
ひとりで私が森の中を歩いている。

それだけ。
なんということもない。

あるいは幼い頃の記憶かもしれない。

ところで、誰かが幼い私を見ている。

そんな記憶はまるでないが 
幼い私を見る者が仮にいたとする。

そいつは木立に隠れて見つめている。
身動きせず、じっと黙って覗いている。

その視線に幼い私は気づきもしない。

繰り返すが、そんな記憶は全然ない。
しかし、それにしてもである。

そいつはいったい何者なのだろう。
 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s