The Audition

There is a stage in front of you.

Besides that, there is no one yet.
The play is now.

You are one of the judges
in the front row of the audience seats.

You can see the profile of the renowned stage director
and film director.

Serious look.
Air that stretched enough to stuff.

“From now on, the examination will start.
Firstly from No. 1 please.”

A girl in swimsuit appeared from the stage sleeve.

Plate No. 1 around her waist.
A quite proportion.

The presenter introduces her name and bio.

The girl stands in front of you.
Her tension is conveyed.

“No. 1, I decompose it without permission!”

Her voice is trembling.
Innocent.

Awkward behavior.

She grabs one foot with both hands
and pulls out one leg.

Likewise, she also pulls out the other foot.
Somewhat monotonous.

Next, she pulls her head.
She also pulls out both eyes from its head.

She also draws one arm with the other arm.
She can not pull out her left arm and it is over.

Disappointing.
You might think that this is something.

“No.1 more. Assemble it without permission!”
What? You are surprised.

The newly pulled parts get caught in the main body.
She will return to the original girl’s body by herself.

That is not all.
Both feet are reversed right and left.

“This is amazing!”
A stage director gives a voice of admiration.

“Furthermore, No. 1, I will explode without permission!”

This is truly too radical.
But you have no time to stop.

You feel a blast on the exposed eyeball.

Even so, you who did not run away.
You pass perfectly as a judge.
 


【 オーディション 】

あなたの目の前に舞台がある。

その上には、まだ誰もいない。
芝居はこれからだ。

あなたは客席の最前列に並ぶ審査員のひとり。
高名な舞台演出家や映画監督の横顔が見える。

真剣な表情。
息苦しいほどに張り詰めた空気。

「それではこれより、審査を開始します。
 まず1番の方からどうぞ」

水着姿の少女が舞台の袖から登場する。

腰のあたりに1番のプレート。
なかなかのプロポーション。

司会者が名前と略歴を紹介する。

あなたの正面に少女は立つ。
彼女の緊張が伝わる。

「1番。勝手に分解します!」

声が震えている。
初々しい。

ぎこちない動作。
片足を両手でつかみ、そのまま片足を抜く。

同じく、もう片方の足も抜いてしまう。
やや単調か。

続いて、首を抜く。
その首から両方の眼球も抜いてしまう。

さらに片腕を、もう一方の片腕で抜いてしまう。
残された片腕は抜くこともできず、おしまい。

期待はずれ。
こんなものかな、とあなたは思う。

「さらに1番。勝手に組み立てます!」
なんだなんだ、とあなたは驚く。

抜いたばかりの部品が本体にはまってゆく。
元通りの少女の体に自力で戻ってしまう。

いや。
両足は左右が逆になっている。

「これは凄い!」
舞台演出家が感嘆の声をあげる。

「さらに1番。勝手に爆発します!」

いくらなんでもやり過ぎだ。
しかし、止める暇はない。

あなたは、むき出しになった眼球に爆風を感じる。

それでも逃げなかったあなた。
あなたは審査員として見事に合格である。
 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s