A Woman Who Had Fallen

Someone’s wrist was falling on my way home.
Apparently it seems to be the left hand of a young woman.

“What adorable, fingers like this white fish.”

I got pleased and put it in my pocket.

My gait is light.
I neglected something before the police station.

As I turned the corner, someone’s arm fell.

“How soft it is, the inside polygonal line of this elbow.”

It was a woman’s left arm somewhere in my hand bag.

Strange things surprisingly continued,
and I was also able to pick up the right wrist and arm.

To my surprise or disgusted, both legs were falling apart.

“What an exquisite balance,
the weight and elasticity of this thigh and calves.”

It was also falling down in front of my house.
It was a woman’s ass.

“No, no, I’m not worried about the frenzy of my eyes.”

It also fell to the entrance.
It is a female body.

“Oh my god, what a chest,
I can recognize this kind of good breasts.”

The woman’s head was falling in the bedroom.

It was a beautiful face.
It was my wife ‘s face.

“What … I was looking forward to it.”
 


【 落ちていた女 】

家に帰る途中、手首が落ちていた。
どうやら若い女の左手らしい。

「なんて愛らしい。
 この白魚のような指たちときたら」

嬉しくなって、それをポケットにしまった。

足取りが軽い。
交番の前なんか知らんぷりして素通りだ。

角を曲がると、腕が落ちていた。

「なんて柔らかい。
 この肘の内側の折れ線ときたら」

左腕であろうそれを手提げカバンにしまった。

不思議なことは意外に続くもので
さらに右の手首と腕も拾うことができた。

驚いたというか呆れたことに
両脚も別々に落ちていた。

「なんて絶妙なバランスなんだろう。
 このふとももとふくらはぎの重さと弾力」

自宅の前にも落ちていた。
それは女の尻だった。

「いやいや、まいったな。
 目のやり場に困ってしまうではないか」

玄関にも落ちていた。
女の胴体だ。

「おやおや、なんということだ。
 この形の良い胸には見覚えがあるぞ」

寝室には女の首が落ちていた。

美しい顔だった。
それは妻の顔だった。

「なんだ。
 せっかく楽しみにしていたのに」
 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s