I Am the Director

I am the director.

I don’t like how to walk.

“Hey. The woman there, start over.”
I shouted.

“Am I?”
“You are.”

“What is it?”
“It’s not what you are doing. You walk poorly.”

“I don’t know well.”
“It’s like a high school girl walking.”

“Because I’m a high school girl.”
“Is there a complaint?”

“Ah.”
At last she seems to have noticed.

“No, no. I will try again.”

Right, right.
Anyway, my instructions.

I am the director.
In other words, it is the director’s instructions.

The director’s instructions are absolute.

I don’t like the road.

“What is this paved road?”
I caught a pregnant woman walking and shouted.

“Is this such a beautiful road unnatural?”
“Well, even if you say that …”

“Make more holes.”
“Such …”

“Is there a complaint?”
“Oh, no.”

Of course.
It’s the director’s instructions.

Let no one complain.

I don’t like the sky.

“Hey, wake up.”
I wake a tramp sleeping on a park bench.

“Well. What is it?”
“Nothing. The sky is too bright.”

“Huh?”
“Don’t dazzle. Isn’t the sky dazzling?”

“Oh, that’s right.”
“Don’t talk. Cloud the sky.”

“What did you say?”
“It’s nothing. I’m the director.”

“Huh?”

It doesn’t matter.
I was angry.

There was a salaried worker on the next bench.
I grabbed his chest and shouted.

“That tramp is not a messenger.”
“That’s right.”

“You, be a tramp.”
“Yes, but it is.”

“Are there any complaints?”
“No there is not.”

“Good. You cloud the sky.”
“Yes, I was scared.”

I didn’t like the language.

“Hey. Are the tramps scared?”
“That’s right.”

“Be careful.”
“Yes, I see.”

All right.
I forgive you if you understand.

What I don’t like is I’m absolutely forgiving.
After all, I’m a director.
 


【 おれは監督 】

おれは監督だ。

歩き方が気に入らない。

「こら。そこの女、やり直し」
おれは怒鳴った。

「アタシ?」
「おまえだ」

「なんですか?」
「なんですかじゃない。歩き方が悪い」

「あの、よくわかんないんだけど」
「まるで女子高生の歩き方じゃないか」

「だってアタシ、女子高生だもん」
「文句あるのか」

「あっ」
やっと気がついたようだ。

「いいえ、ありません。やり直します」

そうだろう、そうだろう。
なにしろ、おれの指示なのだ。

おれは監督だ。
つまり、監督の指示なのだ。

監督の指示は絶対なのだ。

道路も気に入らない。

「なんだ、この舗装道路は」
歩いていた妊婦をつかまえて怒鳴った。

「こんなきれいな道路、不自然だろうが」
「そ、そんなこと言われても」

「もっと穴だらけにしておけ」
「そんな」

「文句あるのか」
「あ、ありません」

当然だ。
監督の指示なのだから。

誰にも文句は言わせない。

空模様も気に入らない。

「おい。目を覚ませ」
公園のベンチで眠っていた浮浪者を起こす。

「ううん。なんだなんだ?」
「なんだじゃない。空が明るすぎるぞ」

「はあ?」
「はあじゃない。空がまぶしいではないか」

「ああ、そうだね」
「そうだねじゃない。空を曇らせろ」

「なんだって?」
「なんだってじゃない。おれは監督だぞ」

「はあ?」

話にならん。
おれは腹が立った。

隣のベンチにサラリーマンがいた。
そいつの胸ぐらをつかんで怒鳴った。

「あの浮浪者は使いもんにならんぞ」
「そ、そうですね」

「おまえが浮浪者になれ」
「し、しかしですね」

「文句あるか」
「いいえ、ありません」

「よし。おまえ、空を曇らせろ」
「は、はい。かしこまりました」

言葉づかいが気に入らなかった。

「こら。浮浪者がかしこまるか」
「そ、そうでしたね」

「気をつけろよ」
「は、はい。わかりました」

よしよし。
わかれば許す。

気に入らないことは絶対に許さん。
なにしろ、おれは監督なのだ。
 

2 thoughts on “I Am the Director

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s