An Untold Story

There used to be a person in a place.

When in what era, which country’s person is unknown.
Whether that person, its identity is also unknown.

Neither sex nor occupation nor the age of those days,
nobody knows at all.

Well, anyway,
it seems that the person acted for a certain purpose.

Its purpose is unknown.

The content of the action is also not transmitted.
There is no record about it.

It would have been necessary to be done top secretly.

Otherwise, traces of something should remain.

However, this is merely a guess.

What did it mean to that behavior?
What results did it result from that action?

Unfortunately, there is no one to know.

Were they buried in the dark?
Everyone just forgotten?

Even that is unclear.

That’s why it’s a strange story.
However, well, it is a common story.
 


【 語られぬ昔話 】

昔、あるところに、ある人物がいた。

いつの時代で、どこの国の人物か、不明。
そいつの素性もよくわかっていない。

性別も職業も当時の年齢も、さっぱりである。

さて、それはともかく
そいつは、ある目的のために行動したという。

その目的は不明である。

行動の内容も、伝わってはいない。
それに関する記録が残っていないのである。

極秘に行われる必要があったのだろう。

そうでなければ 
なにかしらかの痕跡が残ってしかるべきである。

ただし、これはあくまでも推測にすぎない。

その行動に、どのような意味があったのか。
その行動により、いかなる結果がもたらされたのか。

残念ながら、知る者はいない。

闇に葬られたのか。
皆、忘れただけなのか。

それすら判然としない。

つまり、そういうわけで 
わけのわからない話なのである。

しかしながら 
まあ、よくある話ではある。
 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s