Disobedient Servant

In the past,
a royal palace in a country had a disobedient servant.

He does not obey even if the king gives orders.

He does not obey when trying to get out of the palace.

The servant is not detained,
holding on to the king’s weaknesses.

“The king is tied to his predecessor will.”

You can even hear such plausible rumors.

That is why the king’s worries are not exhausted,
but the country’s reign was respectable.

At one point, the king gave him to his aides.

“If you make him obey,
it’s easy to make the people obey.”

So that’s it.
There may be such a thing.
 


【 不服従な従者 】

昔、ある国の王宮に
不服従な従者がいました。

国王が命令を下しても
従者のくせに従わないのです。

王宮から追い出そうとしても従いません。

国王の弱みを握っているのか
従者は拘束されることもありません。

「国王は先代の遺言に縛られているのだ」

そのような
まことしやかな噂さえ聞こえます。

そういうわけで
国王の悩みは尽きませんが
国の治世は立派になされていました。

ある時、国王が側近にもらしたそうです。

「あいつを従わせるくらいなら
 国民を従わせるなど、たやすいこと」

なるほど。
そういうこともあるかもしれませんね。
 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s