The Lowest Hitman

I think I am the lowest hitman.
I can’t do a decent kill.

There is no confidence to shoot with a handgun.
It is too difficult to kill with a knife.

I’m scared of poison and can’t carry it around.
I can’t fight even by joking.

I’m still a killer.
I do it indirectly, not directly.

First, I will investigate the requested targets closely.
Then analyze. And plan.

Then I put it into practice.

If the target is happy, make it unhappy.
If unhappy, make it more unhappy.

For example, if it is in love,
I will lead it to catastrophe.

If it has ambition I will frustrate it.
If it has a dream, I will tell it the reality.

Its status, family and personality will collapse.
So-called social killing.

Even the slightest hope is taken away.
In other words, despair.

Eventually, the target commits suicide.

It takes time, but it is safe and secure.
And the client is pleased for some reason.
 


【 最低の殺し屋 】

われながら最低の殺し屋だと思う。
まともな殺し方ができないのだ。

拳銃で撃ち殺す自信などない。
刃物で殺すのは難しすぎる。

毒薬なんか怖くて持ち歩けない。
格闘なんか冗談じゃない。

それでも殺し屋をやっている。
直接やらずに間接的にやるのだ。

まず、依頼されたターゲットを綿密に調査。
次に分析。そして、計画。

それから実行に移す。

ターゲットが幸福だったら不幸にする。
不幸なら、もっと不幸にする。

たとえば、
恋愛中なら破局へ導く。

野心があれば挫折させる。
夢があれば現実を教えてやる。

地位も家庭も人格も崩壊させる。
いわゆる、社会的な抹殺。

わずかに残った希望さえ奪ってしまう。
つまり、絶望させるのだ。

やがて、ターゲットは自殺してしまう。

手間は掛かるが、安全で確実だ。
それに、なぜか依頼主が喜ぶ。
 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s