Vending Machine City

Hot.
Thirsty.

I am already tired of walking.
It is only painful.

Why will I continue my journey?
Sometimes, I do not even understand myself.

Even so …
This is a strange city.

There are automatic vending machines,
so-called vending machines, everywhere in town.

There were some coins in my pocket.

So, since I entered this town
I’ve been looking for a vending machine for drinks.

Juice, coffee, beer, whatever I can, I do not mind.

But why?
I can not find any one.

Pet only underwear vending machine.
Artificial leg and artificial arm vending machines.

Trapping net vending machines.
Scoop vending machine.

Victory portrait for funeral services.
Block fence vending machine.

Hentai judgment medicine vending machine.
Preservative vending machine for fujoshi.

It’s just funny vending machines.

There is even a vending machine of vending machines.
It is terribly big.

There are things that are not interested,
but I can not touch it because it’s expensive.

Or rather, not much.

I am thirsty, thirsty and thirsty, and I am about to die.

I can not walk any longer.
I lay down on the ground so as to collapse.

It’s quiet.
Nobody is here.

Neither passers by car nor pass.
Although it is a town here, it is not even a building.

There is only a vending machine town.
I can only hear the vocal sound of vending machines.

There was a short, oblong vending machine
in the immediate vicinity of where I lay down.

I have a bitter smile.
It was a mummy vending machine.
 


【 自販機の町 】

暑い。
喉が渇く。

もう歩き疲れた。
苦しいばかりである。

どうして俺は旅を続けるのか。
時々、自分でも分からなくなる。

それにしても・・・・
ここは、まったく妙な町だ。

町中、至るところに自動販売機 
いわゆる自販機が置いてある。

ポケットの中にいくらかコインがあった。

それで、この町に入ってからずっと 
俺は飲み物の自販機を探し続けている。

ジュースでもコーヒーでもビールでも 
飲めるならなんでも構わない。

しかし、なぜだろう。
ひとつも見つからないのだ。

ペット専用下着の自販機。
義足および義手の自販機。

捕虫網の自販機。
スコップの自販機。

葬儀用遺影の自販機。
ブロック塀の自販機。

変態判定薬の自販機。
腐女子向け防腐剤の自販機。

おかしな自販機ばかりだ。

自販機の自販機まである。
とんでもなく大きい。

興味ないこともないものもあるのだが 
なにせ高額なので手が出ない。

というか、それどころではない。

喉が渇いてかわいてかわいて
今にも死にそうなのだ。

もう歩けない。
俺は、倒れるように地面に寝転んだ。

静かだ。
誰もいない。

通行人もクルマも通らない。
町なのに建物さえない。

自販機しかない町。
自販機のうなる音しか聞こえない町。

寝転んだ場所のすぐ近くに
背の低い横長の自販機が置いてあった。

俺は苦笑する。
それは、ミイラの自販機なのだった。
 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s