Scenery of the Window Side

I can see the bright sea scenery today.
A ship is floating offshore.

The half naked passengers
who indulge in playing on the deck.

It’s a kind of ecstatic expression.

Yesterday it was a dark bedroom landscape.

Withered plants.
A dreadful insect crawling on the wall.

An old man who turned into a mummy in the bed.
I feel that a dead smell is still drifting.

I am standing at the window side.
I always see.

I just look up at the silent scenery
that continues to turn into a whim.

Nobody notices me.
No one will see this one.

I tried calling, but no one turns around.

Even though I am lonely.
Even though I am all alone.

But I guess it has gotten used to already.
I am secretly expecting somewhere in my heart.

I think about it before falling asleep.
I wonder what kind of landscape can be showntomorrow’s window.
 


【 窓辺の風景 】

今日は明るい海の風景が見えます。
沖合に客船が浮かんでいます。

甲板の上で遊びふける
半裸の乗客たち。

なにやら恍惚の表情です。

昨日は暗い寝室の風景でした。

枯れた観葉植物。
壁を這うおぞましい虫。

ベッドにはミイラ化した老人。
まだ死臭が漂っているような気がします。

私は窓辺に立っています。
いつも見ているのです。

気まぐれに変わり続ける風景を
こうして黙って眺めているだけなのです。

誰も私に気づいてくれません。
誰もこっちを見てくれません。

呼びかけてもみましたが
誰ひとり振り向いてくれません。

こんなにさびしいのに。
こんなにひとりぼっちなのに。

・・・・でも、
もう慣れてしまったのでしょうね。

心のどこかで密かに期待している私がいます。

眠りに落ちる前につい考えてしまうのです。

明日の窓は、いったい
どんな風景を見せてくれるのかしら、と。
 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s