Tear Up

I was walking on the night road alone.
I was on my way home from the nearest station.

A young woman was walking in front of some of me.

Although it is dark and cannot be confirmed clearly, 
high-heel shoe sounds resonate on asphalt.

The woman turned around unexpectedly.

There is a place where 
the light from the streetlight does not reach enough, 
and I cannot see the face of the woman, 
including her facial expression.

Perhaps the woman chose such a place 
so that I could not see her face.

At that time, 
I was on the opposite side of the streetlight.

After all, she must have been waiting for the timing.

The woman started walking again, but somehow, 
the sound of the shoes was louder than before, 
and I felt like the intervals were small.

Perhaps I was a little faster 
as if I was influenced by her.

Then the woman’s shoe sound clearly became faster, 
as she thought I was a molester.

(That’s not a joke.)

I felt like I wanted to complain 
and I tried to catch up with the woman in front.

She would have noticed it.
The woman was almost rushed.

(Do not be silly!)

I got angry and started running.

The woman also runs.
She wears high heels and can run so fast.

I’m amazed and impressed, 
but she can’t escape from a healthy man’s feet.

I felt like a beast aiming for prey, 
and finally approached just behind the woman.

I stretched out one hand while running 
and grabbed the woman’s white blouse collar.

And I pulled it down.

The blouse fabric broke, 
and the woman screamed sharply.

I was familiar with that voice.

It was a voice that 
I should never hear even if I died.
 


【 引き裂く 】

おれはひとり、夜道を歩いていた。
最寄駅から帰宅の途中だった。

おれのいくらか前方に、やはりひとり
若い女が歩いていた。

暗くてはっきりとは確認できないが
ハイヒールの靴音がアスファルトに響く。

やがて不意に、女が振り返った。

そこは街灯の光が十分に届かぬ場所で
女の表情を含め、顔は見えない。

おそらく、顔を見られたくないために
そのような場所を女は選んだのであろう。

また、その時、おれは逆に
ちょうど街灯の真下の位置にいた。

やはり、そのようになるタイミングを
あの女は見計らっていたに違いない。

再び女は歩き始めたが

心なしか、さきほどよりも靴音が大きく
また小刻みになったような気がする。

それに釣られるかのように
おれも少しばかり足を速めたかもしれない。

すると、おれを痴漢と思い込んだのか
女の靴音が明らかに速くなった。

(冗談じゃない)

文句を言ってやりたいような気持ちになり、
おれは前を行く女に追いつこうとした。

それに気づいたのだろう。
ほとんど女は駆け足になった。

(ふざけるな!)

おれは腹が立ち、
むきになって走り始めた。

女も走る。

よくもまあ、ハイヒールなんか履いて
そんなに速く走れるものだ。

呆れつつも感心はするが
健全な男の足に敵うはずはない。

おれは獲物を狙う獣の気分になり、
とうとう女のすぐ背後にまで迫った。

走りながら片手を伸ばし、
女の白いブラウスの襟えりをつかむ。

そして、そのまま引き下ろした。

ブラウスの生地が破れ、
絹を引き裂く女の悲鳴があがった。

おれは、その声に聞き覚えがあった。

それは、たとえ死んでも
決して聞いてはならない声だった。
 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s