Kidnapping

She was an elementary school girl on the way to school.
She was so cute that I impulsively kidnapped her.

As I passed, I held her up aside and ran home to home.
But as expected, kidnapping will not be allowed.

Since it can’t be helped, as a good reason,
I decided to do her tutoring.

“By the way, what is your name?”
“I am Pan-chan.”

“Well, what year in elementary school?”
“Sixth grade.”

“What are your favorite subjects?”
“National language!”

“What subjects are you not good at?”
“Well. Math.”

That’s why I decided to teach her Mathematics.
I should be able to tell her how to add fractions.

“Show me your textbook.”
“Yep, OK.”

Pan-chan put out a math textbook from the red school bag.

“I don’t know the problem here.”
“Let’s see.”

The Japanese flag “Hinomaru” has
a ratio of the flag’s vertical to horizontal ratio of 2:3.

Similarly, the ratio of the diameter of the circle
to the height of the flag is 3:5.

So, when making a 1m horizontal flag,
how many circles should you draw in the center of the flag?

“Uh, Pan-chan.”
“What, my teacher.”

“I have a job I need to clean up,
so until then you can read the manga on the bookshelf.”

She looked a little disdainful,
but was surprised by the amount of comics
and jumped to the bookshelf immediately.

After all, she is still a child.

I managed to solve the arithmetic problem somehow.
“Now, the job is done.”

“Hey, my teacher.”
“What?”

“Embarrassing comics are all right.”
It’s done.

“Well, Pan-chan.”
“What? My teacher.”

“Do you want to see something as long as the answer?”
“Do not look good!”

It’s a problem for elementary school students.
 


【 誘拐 】

下校途中の小学生の女の子だった。

あんまり可愛らしかったので
俺は衝動的に誘拐してしまった。

通りすがりに、むんずと小脇に抱え上げ、
そのまま自宅まで駆け足で持ち帰ってしまったのだ。

しかし、さすがに誘拐はマズかろう。

仕方ないので、俺は言い訳として
彼女の家庭教師をしてやることにした。

「ところで、君の名前は?」
「あたし、ぱんちゃん」

「えーと、何年生?」
「小六だよ」

「得意な科目は?」
「国語!」

「苦手な科目は?」
「うーん。算数かな」

そういうわけなので
算数を教えてやることにした。

分数の足し算くらいなら教えてやれるはず。

「使ってる教科書、見せて」
「うん。いいよ」

ぱんちゃんは、赤いランドセルから
算数の教科書を出してくれた。

「ここの問題、わかんないの」
「どれどれ」

日本の国旗「日の丸」は、旗のたてと横の比が、2:3。

  同じく、円の直径と旗のたての比が、3:5です。

  では、横の長さが1mの旗を作る場合、
  旗の中心に半径何㎝の円をかけばよいでしょうか?

「えーと、ぱんちゃん」
「なーに、センセー」

「先生、ちょっと片づけなきゃならない仕事あるから、
 それまで、そこの本棚にあるマンガ、読んでていいよ」

彼女、ちょっと軽蔑するような目付きになったが、
マンガの量に驚いて、すぐに本棚に跳びついた。

やはり、まだまだ子どもである。

俺は、なんとか算数の問題を解くことに成功した。
「さて、仕事が片付いたぞ」

「ねえ、センセー」
「なんだ?」

「エッチなマンガ、ばっかりだね」
やれやれ。

「あのね、ぱんちゃん」
「なーに、センセー?」

「答えと同じ長さのもの、見たくない?」
「見栄はるな!」

まったく、近頃の小学生ときたら。
 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s