White and Black Villa

There were white dogs and black dogs in the garden.
There were also white dog houses and black dog houses.

Somehow the white dog was a good dog,
the black dog was a bad dog.

Anyway, here is a mountain villa.

I can think only as a cooperative boarding house,
but if I argue that the owner is a mountain villa,
I can not afford to admit to the guest.

It is divided into two rooms on the left and right.

The room on the right is my own.
The room on the left is of a young woman.

While cooking self-catering
in the central cooking stadium,
we stayed as others.

One day a young man came.

He seemed to know the woman in the left room.
I can hear lively voices.

“How old are you?”
“I am 19 years old”

By the way,
I heard that she was attacked by a molester,
talking with a police officer.

“What is your age?”
“I am 22 years old”

In other words,
she has different attitudes and different age
when the other party is different.

“Hey, you,”

I was washing the dishes with a sink of a cooking stove,
the young man came to me.

“Because you’re wearing such gaudy pajamas,
will not I look somewhat like that?”

Indeed, I am wearing flashy pajamas.
On the other hand, the partner is a plain pajamas.

But that is what it is.

Summer cumulonimbus clouds are visible
from the open window.

I’m getting angry.

I caught sight of his nape and gazed at him.
“Do not be silly!”

I intended to keep it in mind,
but as I am not used to tempered everyday,
my voice is reversed to the point of being uncomfortable.

Still, he seems to have noticed fearfully
whether he is weak.

At that time,
the woman appeared in the kitchen with running fast.

Whether she does not notice or disregard it,
she is in a naked apron,
with her white skin back facing here,
silently opens the door of the common refrigerator.

The head of the whole pig could be seen from the gap
in her under armpit.
Both eyes that opened.

A moment of a quiet afternoon where nothing happens.

Whether both white dogs and black dogs are sleeping,
it does not bark at all.
 


【 白と黒の山荘 】

庭には白い犬と黒い犬がいた。
白い犬小屋と黒い犬小屋もあるのだった。

なぜか白い犬は良い犬で 
黒い犬は悪い犬ということであった。

それはともかく、ここは山荘である。

共同下宿としか思えないのだが 
山荘であると主張されたら 
宿泊者たるもの認めざるを得ない。

左右ふたつの部屋に分かれている。

右の部屋は自分の。
左の部屋は若い女の。

中央にある共同炊事場で自炊しながら
互いに他人として泊まっている。

ある日、ひとりの若い男がやって来た。

左の部屋の女の知り合いらしい。
にぎやかな話し声が聞こえてくる。

「君、いくつだったっけ?」
「19才でーす」

そういえば、彼女が痴漢に襲われて
警察官と話していたのを聞いたことがある。

「あなたの年齢は?」
「22才です」

つまり彼女は、相手が違うと
態度も年齢も異なるというわけだ。

「おい。あんた」

共同炊事場の流しで食器を洗っていたら 
その若い男が因縁をつけてきた。

「あんたがそんな派手なパジャマ着てるから 
 おれが地味に見えてしまうじゃないか」

なるほど、自分は派手なパジャマを着ている。
かたや、相手は地味なパジャマだ。

しかし、それがなんだというのだ。

開いた窓から夏の積乱雲が見える。
むくむく腹が立ってくる。

そいつの襟首をつかんで睨みつけた。
「ふざけるな!」

おどしつけたつもりなのだが 
普段おどし慣れてないため 
情けないくらい声が裏返っている。

それでも、相手は気が弱いのか 
そこそこ怖気づいたようだ。

その時、女が駆け足で炊事場に現れた。

裸エプロン姿の彼女は気づかないのか無視しているのか 
白い素肌の背中をこちらに向けたまま
黙って共同冷蔵庫の扉を開ける。

丸ごと入っている豚の頭部が
彼女の腋の下の隙間から見えた。

その見開かれた両目。

なにも起こらない静かな午後のひと時。
白い犬も黒い犬も眠っているのか 
ちっとも吠えないのだった。
 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s