Interrogation

“Where were you on the day of the incident,
at that time?”

“I was in the prime minister’s office.”

“Do not be silly!”
“Yes. I am serious.”

“Well, so what did you do?”
“I assassinated the prime minister.”

“Do not tell a lie!”
“Yes, it’s true.”

“Well, so is there any evidence?”
“My fingerprint should be left on the stabbed knife.”

“Huh. Such things don’t become evidence.”
“Why?”

“It’s just a knife with your fingerprint.”
“However …”

“It’s probably another person with gloves stabbed.”
“That’s such a fool.”

“It’s a shame. Actually there are witnesses.”
“No way!”

“It is the victim who has been stolen.”
“Well, it’s a lie!”

“The place is true. The alibi is broken.”
“……”

“Sure, she was a classmate with you.”
“····that’s right.”

“And you are her childhood friend.”
“… yeah.”

“You admit, underwear thief.”
“… yes. I’m sorry.”

“Good.”

“Oh, I just didn’t want her to know.”
 


【 尋問 】

「おまえは事件当日、その時刻にどこにいた?」
「首相官邸にいました」

「ふざけるな!」
「いいえ。ふざけてなんかいませんよ」

「まあいい。で、なにをしていたんだ?」
「総理大臣を暗殺してました」

「嘘をつくな!」
「いいえ。本当ですよ」

「まあいい。で、証拠はあるのか?」
「刺したナイフに俺の指紋が残ってるはずです」

「ふん。そんなものは証拠にならん」
「どうしてですか?」

「おまえの指紋がついたナイフに過ぎない」
「しかし・・・・」

「手袋をした別人が刺したんだろうよ」
「そんな馬鹿な」

「残念だったな。じつは目撃者がいるんだ」
「まさか!」

「盗まれた被害者自身だ」
「う、嘘だ!」

「ところが本当だ。アリバイは崩れたな」
「・・・・・・」

「たしか、彼女とは同級生だったな」
「・・・・そうです」

「しかも、幼なじみだ」
「・・・・ええ」

「認めるんだな。下着泥棒を」
「・・・・はい。すみません」

「よし」

「ああ。彼女にだけは知られたくなかった」
 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s