Road That Goes on Forever

I came out on a wide road.
I can not see the end of the winding.

I intended to take a short walk, 
but I got lost in the way.

I am wearing boots for some reason.

Now that the sky is perfectly sunny, 
was it raining even when I went out?

In that case, I do not have an umbrella.

I can not remember it, 
but I guess I just had no shoes.

The road continues to bend while still extending.
Occasionally the car passes by.

I was tired of walking, so I decided to hitchhike.

I raise my hand.
Nothing stops.

I shake my hand.
Nothing stops.

My soles are getting sore.

I sat down on the roadside and took off my boots.
I also take off my socks.

It should be painful.
My feet are full of blisters.

When counting, there are 13 pairs of both feet.

It can not be helped.
I lie down on the roadside as it is.

But what should I do?

There was a voice when I was dying.
“Hey, are you OK?”

The truck stopped beside me.
“Oh, that’s fine.”

“Did someone run over you?”
“No, I am tired.”

In a hurry, I get up.
“I’m sorry, could you please get it on?”

So I got it on the truck’s passenger seat.

He was a very kind driver.
We talked a lot.

However, the destinations were different from each other,
so I could only get on the way of the road.

At the time of parting, he did anal sex to me.
I endured it because I thanked him for being on board.

For that reason 
I got pain not only on both feet but also my ass.

The day was tilted, I was hungry terribly.
However, neither the shops nor the fields are found.

First of all, where is this place?

The road still continues.

While bending properly like this, 
I feel like I’m going on forever.

Wherever I forget the reason for walking soon.
 


【 どこまでも続く道 】

広い道に出た。
曲がりくねって先が見えない。

ちょっと散歩のつもりが
すっかり道に迷ってしまった。

なぜか長靴を履いている。

空は今、見事に晴れているのだから 
出る時、雨でも降っていたのだろうか。

それにしては傘を持ってない。

どうも思い出せないのだけれど 
きっと適当な靴がなかっただけなのだろう。

道は相変わらず曲がりながら延びている。
たまにクルマが通り過ぎる。

いい加減歩き疲れたので
僕はヒッチハイクをすることにした。

手を上げる。
止まってくれない。

手を振る。
止まってくれない。

足の裏が痛くなってきた。

道端に座り込み、長靴を脱いでみた。
靴下も脱ぐ。

痛いはずだ。
足の裏がマメだらけだ。

数えてみたら、両足合わせて13個もある。

どうしようもない。
そのまま道端に寝転ぶ。

でも、どうしよう? 

うとうとしていたら、声がした。
「おい。大丈夫か?」

かたわらにトラックが止まっていた。
「ああ、大丈夫です」

「轢かれたんじゃないのか?」
「いいえ。疲れてしまって」

あわてて僕は起き上がる。
「すみません。乗せてもらえませんか?」

それで僕は、トラックの助手席に乗せてもらった。

とても親切な運転手さんだった。
いろんな話をした。

けれども、互いに目的地が違うので
道の途中までしか乗せてもらえなかった。

別れ際、オカマを掘られた。
乗せてもらったお礼に僕は我慢した。

そのため足だけでなく、
尻まで痛くなってしまった。

日は傾き、ひどく空腹だった。
なのに売店も畑も見当たらない。

そもそも、ここはどこなんだろう。

まだ道は続いている。

こんな感じで適当に曲がりながら 
どこまでも続いているような気がする。

歩いている理由を
そのうち忘れてしまうくらい、どこまでも。
 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s