Interlocutor

I was old for a while,
my family, friends and close acquaintances were gone.

When I thought that I felt lonely alone, 
my cat at last started talking.

“I’ll be your interlocutor.”

Oh, I thought this was not good.

I was aware that my memory was weak, 
time passed quickly, 
and I was blurred according to my age, 
but if I could hear the roar of the cat, 
I would be a terminal condition 
that would not be salvageable anymore.

“Aren’t you something you want to say?”
The cat asked.

I feel like I had something to say, 
but I can not remember it.

I can not remember even this cat’s name, 
as I think.

“Well, you’re not used to it yet, 
and you probably don’t get the right words.”

The cat has gone to the other room.

For a while, I kept thinking 
about the proper words to talk to the cat.

Soon the cat is back.

I asked the cat.
“What was left in the other room?”

“There was your body.”
The cat yawned.
“It’s still barely alive.”
 


【 話し相手 】

いつの間にか年を取ってしまい 
家族も友人も親しい知人もいなくなってしまった。

ひとりで寂しいような気もするな、と思っていたら 
とうとう飼い猫が喋り出した。

「おいらが話し相手になってやるよ」

おやおや、これはいけない、と思った。

記憶力が弱まり、月日のたつのが早まり 
年相応に呆けたな、とは自覚していたのだが 

猫の喋る声が聞こえるようになってしまっては 
もう救いようのない末期症状である。

「あんた、なにか言いたいことがあるんだろ?」
猫が尋ねる。

言いたいことがあったような気もするが 
なかなか思い出せない。

考えてみると、この猫の名前さえ思い出せない。

「まあ、まだ慣れなくて
 適当な言葉も浮かばないのだろうけどよ」

猫は向こうの部屋へ行ってしまった。

それからしばらくの間 
わしは猫に話しかけるための適当な言葉を考え続けた。

やがて猫は戻ってきた。

わしは猫に尋ねてみた。
「向こうの部屋には、なにがあったっけ?」

「あんたの体」
猫はあくびをした。

「まだ辛うじて生きてるよ」
 

2 thoughts on “Interlocutor

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s