Come Again

When I was traveling around the world alone, I met a girl.

We got to know each other deeply and even bed in together.

“Come again.”
“Yeah. It will be over time.”

When I said goodbye, I made such a promise.

However, time passed 
and I stopped traveling in the meantime.

No, not.
My travel is still going on.

I started traveling in the conscious world, 
not traveling in the real world.

I meditate alone in the dark of the night 
when the lights went out.

Then the girl I met in the middle of that travel 
appeared in front of my consciousness.

“A long time no see.”

I’m not saying hello.

“I am here 
because you will not come no matter how long I wait.”

I’m just puzzled.
“… because you are …”

She smiles.
“You’re kidding. I never thought that I could meet you again.”

According to her explanation, 
I don’t understand very well yet, but it seems 
that our consciousness has been merged into one.

“That’s why we can meet when we want?”
“Yes. We are strongly aware of each other.”

“It’s nice!”

“But,” she shakes her head.
“I will not come anymore.”

I am surprised.
“Why?”

She sighs, looking over my consciousness.
“It looks like I’ll get in the way of you.”

I notice now.
(Oops!)

My face of consciousness turns red.

My surroundings were full of embarrassing convictions 
that could not be shown to her at all, 
and it was a misery that overflowed with reality.
 


【 また来てね 】

ひとりで世界中を旅していた頃 
僕はある女の子と出会った。

僕たちは深く知り合うことになり 
一緒に寝たりさえした。

「また来てね」
「うん。そのうちね」

別れ際、そんな口約束をした。

けれど、時は流れ 
そのうち僕は旅をやめてしまった。

いや、そうではない。
旅は今でも続いている。

現実の世界の旅ではなく 
意識の世界の旅を始めたのだ。

灯りを消した夜の暗闇の中で 
僕はひとり瞑想する。

すると、あの旅の途中で出会った女の子が 
僕の意識の前に姿を現した。

「お久しぶりね」

僕は挨拶どころではない。

「あなた、いつまで待っても来てくれないから
 こっちから来たのよ」

戸惑うばかりの僕。
「・・・・だって、君は・・・・」

微笑む彼女。
「冗談よ。あたしもあなたに再会できるなんて
 まさか思ってもみなかったわ」

彼女の説明によると 

どうもまだよくわからないのだけれど 
どうやら僕たちの意識はひとつに重なったらしい。

「それじゃ僕たち、好きな時に会えるんだね」
「ええ。お互いに強く意識すればね」

「それは素敵だ!」

「でもね」
彼女、首を横に振る。

「あたし、もう来ないわ」

僕は驚く。
「どうして?」

彼女、僕の意識を見渡しながら、溜息を吐く。
「あたしもう、お邪魔みたいだから」

僕は今さら気づく。
(しまった!)

僕の意識の顔が赤くなる。

僕のまわりは、とても彼女に見せられないような 
ひどく恥ずかしい意識で一杯で 

現実に溢れ出さんばかりの惨状だったのだ。
 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s