Drag

I see it.
Things like fetters you drag sloppyly behind you.

For example, here.
A man with a shaggy cat back who is walking over there.

It’s hard to explain, but he is sloppyly dragging something 
like a very old chest of drawers.

There are two or three drawers 
sticking out of the very heavy old chest of drawers, 
but from one of the drawers …

Is that the arm of an old woman?
A wrinkled thin arm that looks like that is out of the box.

Oh, and the few fingers at the end of the arms 
are wriggle grievously like the legs on the belly of the worm.

Then that young woman.
She is sloppyly dragging things like dirty rags.

I know that I often see that kind of thing, 
but that is the placenta, the fetus wrapped 
in amniotic membrane, or something like that.

Yes, that’s right.
Most of the things that you did not want to see.

You are dragging that sort of thing, 
big and small, many, many, and so on.

At least to me, it looks like that.

Only you can not see them, 
and you should be aware of something 
like the weight of something or the feeling of being dragged, 
something that is vague.

So I would not be bothered to tell the person 
purposely what the drag is like.

Although I do not do it, it is really unbearable 
because it is something that is actually visible.

And nowadays, even the sound of dragging is heard.

Yes, that’s right.
That sound.

Zu zuzu zuzuzuzuzu
Zuzu zuzuzu zuzu zuzuzu

Zuzuzuzu zuzuzu zuzu zuzuzu
Zuzuzuzuzu zuzu zuzuzu zuzu zururi
 


【 引きずる 】

私には見えるのです。

あなた方が、その背後に、足枷のように 
ずるずるずるずる引きずるものを。

たとえば、ほら。

あそこを歩いてらっしゃる 
あの顔色の悪い猫背の男の人。

あの人は、なんというか 
なんだかとても古びた箪笥のようなものを 
ずるずるずるずる引きずっています。

そのいかにも重そうな古箪笥から二つ三つ 
だらしなく引き出しが突き出ているのですけど 
その一つの引き出しからは・・・・ 
あれは、老婆の腕でしょうか。

そのように見える細い皺くちゃの腕が一本 
いやらしく外に食はみ出ています。

ああ、そして 
その腕の先にある数本の指が 
虫の腹にある脚のように 
もぞもぞもぞもぞ蠢いています。

それから、あの若い女の人。

あの人、汚れた雑巾のようなものを 
ずるずるずるずる引きずっていますね。

ああいうのは、私 
よく見かけるので知っているんですけど 
あれは胎盤とか、羊膜に包まれた胎児とか 
とにかくそういう類のものです。

ええ、そうです。

見なければよかったと思うようなものが 
ほとんどです。

あなた方は、そういうふうに
そういうものを大小様々 
いくつもいくつも引きずっているのです。

少なくとも私には、そう見えます。

ただ、それらは、目に見えないだけであって 
おぼろげながら本人には 
なにかそのようなものの重みというのか 
引きずる感触のようなものの自覚があるはずです。

ですから私は、本人に向かって 
引きずってらっしゃるものがどのようなものであるか 
わざわざ教えてやるような差し出がましいことは 
まず致しません。

致しませんが 
どうしても実際に見えてしまうものですから 
どうにも堪たまらないものがあります。

しかも、近頃では 
引きずる音まで聞こえてくるのです。

ええ、そうです。
あの音です。

ズ ズズ ズズズズズ 
ズズ ズズズ ズズ ズズズ 

ズズズズ ズズズ ズズ ズズズ 
ズズズズズ ズズ ズズズ ズズ ズルリ
 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s