Golden Snow

There is a picture book named “Golden Snow”, 
and when you open the title page, 
it’s snowing, and it’s really shining.

Soon, you get into a picture book, look at your feet, 
wear yellow boots and look at your hands, 
wear red gloves.

(Where is this?)

Looking around, 
a golden clock tower rises in the distance, 
and a golden carriage runs along 
a golden tree-lined trail continuing from there.

That’s right.
It was a golden town with golden snow.

You are wearing blue clothes.
You hold the green umbrella you had in your hand.

The golden people who go around the golden city 
point to you like that.

“What a nice girl!”

You are a little good at it.

It’s okay 
if you don’t have gold or silver colored crayons.
 


【 金色の雪 】

「金色の雪」という名の絵本があって 

その扉を開いてみると、本当に 
輝くばかりに金色の雪が降っているのでした。

すぐにあなたは絵本の中に入ってしまって 

足もとを見ると 
ちゃんと黄色い長靴をはいていて 

手もとを見ると 
ちゃんと赤い手袋をはめています。

(ここはどこかしら?)

あたりを見まわしてみると 
遠くに金色の時計台がそびえ 

そこから続く金色の並木道には 
金色の馬車が走っています。

そう。

ここは金色の雪が降る 
金色の街なのでありました。

あなたが着ているのは青い服。
あなたは手に持っていた緑色の傘をさします。

金色の街を行き交う金色の人たちが 
そんなあなたを指さします。

「なんて素敵な色の女の子なの!」

あなたは、ちょっと得意です。

金や銀の色のクレヨン 
持ってなくても 

もう平気だね。
 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s