Elopement

To elope, the two love each other, 
to live together while living in a situation 
where they are not allowed to be together, 
to escape together from their parents.

In the case of marriage or companionship being opposed 
by parents for reasons of identity or race, 
when one or both of them are married, 
parents are forced to marry unwanted, 
often times taken as a last resort.

The obstacles that can not be together can be a factor that 
more strongly links the two by the hero’s effect of tragedy.

Most elope can not rely on parental assistance.

As a result, the lives of the two people often become 
economically difficult, and they can be brought back 
and sometimes lead to murder-suicides.

In the case of an elopement by a minor with a guardian 
on one or both sides, the criminal kidnapping 
for marriage purpose is applied under the Penal Code.

(Modified quotation from “Elopement – Wikipedia“)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

After all the teacher was in the science room.
“My teacher.”

“Oh, Toru. What’s the matter?”
“Would you like to elope with me?”

My teacher choked.

“My teacher, are you OK?”
I refer to her back.

“Hey, Toru.”
“Yes, my teacher.”

“Do you know the meaning of elope?”
Her eyes are moist.

“Of course I know.
I searched it properly on a personal computer.”

“Yeah … that was a problem.”
“Why are you in trouble?”

“I have a husband after marrying.”
“Yes, I know.”

“Toru is still in elementary school fifth grade.”
“I agree.”

“If so, is that strange?”
“The world will not forgive us.”

She sighs.

“Well, it does not allow you to forgive by the world, 
it’s strange as a common sense of the world.”

I am saddened.
“Do you dislike me?”

“I like you, I like Toru.”
“You always say so, are not you?”

“But, this and that …”
“My teacher is stupid!”

I run and jump out of the science room.

Just before that, I drop a picture.
A composite picture of her husband.

Easy to make with this kind of personal computer.

When I was waiting in the classroom, 
my teacher came in.

“Toru.”
“Yes, my teacher.”

“Let us elope.”

(Hooray!)
 


【 駆け落ち 】

駆け落ちは、愛し合う二人が 
一緒になることを許されない事情がありながら 
同棲生活をするため、親元から一緒に逃げること。

身分や人種を理由に結婚や交際を親から反対されたり 
二人の一方または双方が既婚であったり 
望まない結婚を親に強要された場合などに 
最後の手段として決行されることが多い。

一緒になれない障害は、悲劇の主人公効果により 
より強く二人が結びつく要因にもなりうる。

ほとんどの駆け落ちは親の援助を頼ることができない。

そのため、二人の生活は経済的に苦しくなることが多く 
連れ戻されたり、無理心中に終わることもある。

未成年で一方または双方に保護者がいる場合の駆け落ちは 
刑法上では結婚目的の略取・誘拐罪が適用される。

  (「駆け落ち-Wikipedia」より、改変引用)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

やっぱり先生は理科室にいた。
「先生」

「あら、トオル君。なあに?」
「僕と駆け落ちしませんか」

先生がむせた。

「先生、大丈夫ですか」
僕は先生の背中をさする。

「・・・・あ、あのね、トオル君」
「はい。先生」

「駆け落ちの意味、知ってるの?」
先生の潤んだ瞳。

「もちろん知ってます。
 ちゃんとパソコンで検索しました」

「そう・・・・それは困ったわね」
「どうして困るんですか」

「私はね、結婚して旦那さんがいるの」
「はい。僕、存じてます」

「トオル君は、まだ小学五年生よ」
「そうですね」

「だったら、おかしいじゃないの」
「きっと世間は許しませんよね」

先生が溜め息をつく。

「あのね、世間が許すとか許さないじゃなくて
 世間の常識としておかしいわよ」

僕はかなしくなる。
「先生は僕がきらいなんですか」

「好きよ。私はトオル君が好きよ」
「いつも先生は、そう言ってくれますよね」

「でもね、それとこれとは・・・・」
「先生のバカ!」

僕は走って理科室を飛び出す。
その直前、僕は一枚の写真を落とす。

先生の「旦那さん」が写ってる合成写真。
こんなのパソコンで簡単に作れる。

僕が教室で待っていると、先生が入ってきた。

「トオル君」「はい。先生」
「駆け落ちするわよ」

(やった!)
 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s