Towards the Sky

I was angry because I was angry at all.

I screamed to the sky.
“Idiot!”

Then the sky replied.
“What?”

I open my mouth.
I can not say anything.

The sky pursues.
“I felt strong malice.”

I returned to me.
“Sorry, I’m sorry.”

“Is it a problem to apologize?
Shall I stop being sky? “

“No, I’m sorry, just forgive me.”

“If so, show your sincerity.”
“What is my sincerity?”

“You’re going to dance naked there.”
“Eh?”

“Become naked on the spot, 
show me a funny dance that makes me laugh.”

I am at a loss.

“That’s right. Here, on the school route, 
now, just at school off time …”

“Shall I stop being sky?”
“… that’s right”

“I can not see sincerity.
OK, I decided. I will stop being sky. “

“Oh, uh, that, what should I say?
What happens if you stop being sky? “

“This will happen!”

When a crack ran into the sky “Baribaribari!”
The sky is broken “Parin!”
The sky has fallen with the loud sound “Dododododoo!”
 


【 空に向かって 】

どうにも腹の立つことがあって 
おれはむしゃくしゃしていた。

おれは空に向かって叫んだ。
「バカヤロー!」

すると、空が返事をした。
「なんだと?」

おれはポカンと口を開ける。
なんにも言えない。

空が追求する。
「強い悪意を感じたぞ」

おれは我に返る。
「す、すみません」

「謝って済む問題か。
 空をやめてやろうか」

「いえいえ。
 そればっかりは、ご勘弁を」

「なら、誠意を見せろ」
「はっ? ・・・・誠意とは?」

「おまえ、そこで裸踊りをやれ」
「えっ?」

「その場で真っ裸になってな
 わしが笑えるような滑稽な踊りをして見せろ」

おれは途方に暮れる。

「・・・・あ、あのですね。
 ここ、通学路で、今、ちょうど下校時間で・・・・」

「空をやめてやろうか」
「・・・・あ、あのですね」

「誠意が見られないな。
 よし、決めた。わし、空をやめてやる」

「あの、ええと、その、なんと言いますか。
 あなたが空をやめると、どうなるのでしょう?」

「こうなるのだ!」

「バリバリバリ」と亀裂が走ったと思ったら 
「パリン」と割れ 

「ドドドドドー」の大音響とともに 
空が落ちてきたのだった。
 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s