Pendulum Clock

There was a big pendulum clock 
in the house where I was born.

It was big enough for one small child to enter.

I open the hinged double doors 
and dive into the back of the clock.

However, do not touch the pendulum on the way.

Aim for the moment 
when the pendulum comes to the left or right.

If you touch the pendulum, you will be mad.
That’s how my grandmother hated me.

I do not know how often I touched the pendulum.
So is my elder brother.

But my brother is really crazy.
In my brother’s case, he stopped the pendulum.

The back of the clock that stopped, 
my brother holding a knee.

He had already lost a word.

I do not know if that was a coincidence.

Naturally, the pendulum clock was broken soon.

Shortly after that, a superstitious grandmother fell, 
and died until the end, 
believing that the pendulum clock was turning.

Then there were various things, 
but when I graduated from high school, 
I went to Tokyo immediately.

Living alone in the city was not easy.
I couldn’t make friends and was lonely every day.

Still, I finally got a lover.

The lover reminded me of that pendulum.

A girl who sways to there, sways to this, 
continues to sway in the dark hended double doors, 
and is insane when touched.

But it’s okay if I touch her body.
I do not know how many times I touched her.

I have to stop the swinging pendulum.
I do not want to break the pendulum clock.

In other words, it is good not to leave her.
Like that, I was simply thinking.

However, one day she suddenly disappeared.
There was no notice, nor even a letter.

Her clothes, shoes and belongings were all gone.
Even the picture of her taken with me was gone.

It seemed that there was no lover from the beginning.

I got a knee and got crouched on the floor.
The figure is the same as my brother 
who was behind the old clock.

When I close my eyes, I see a pendulum.

A pendulum that keeps ticking the invisible time.
A pendulum that swings side to side in a dark door.

Do not stop this pendulum.
If I stop it, I will be crazy.

I thought so while I was crouched.
Perhaps it is just superstition.

But I still think so.
 


【 振り子時計 】

生家には大きな振り子時計があった。
小さな子なら入り込めるほど大きかった。

観音開きの扉を開け、時計の奥に潜り込む。
ただし途中、振り子に触れてはならない。

振り子が左右どちらかに寄った瞬間を狙う。

もし振り子に触れたら、気が狂ってしまう。
そのように祖母におどされていた。

僕など、振り子に何度触れたかわからない。
兄もそうだ。

でも、兄は本当に狂ってしまった。
兄の場合、振り子を止めてしまったのだ。

止まった時計の奥、膝を抱えた兄の姿。
もう兄は一言も喋れなくなっていた。

それが偶然だったのかどうか
僕にはわからない。

当然だが、すぐに振り子時計は壊された。

その直後、迷信好きの祖母は倒れ、
最期まで振り子時計の祟りを信じたまま亡くなった。

それから色々なことがあったけど、
高校を卒業すると、僕はすぐに上京した。

都会でのひとり暮らしは楽ではなかった。
友人もできず、孤独な毎日だった。

それでも、やがて僕にも恋人ができた。

恋人は、あの振り子を連想させた。

あちらへ揺れ、こちらに揺れ 
暗い観音開きの扉の中で揺れ続け、

触れると気が狂ってしまうような少女。

でも、彼女の体に触れるくらいなら大丈夫。
僕など、彼女に何度触れたかわからない。

揺れる振り子を止めなければいい。
振り子時計を壊したりしなければいい。

(つまり、彼女と別れなければいいんだ)
そんなふうに、僕は単純に考えていた。

ところが、ある日突然、彼女が消えてしまった。
なんの予告もなく、置手紙すらなかった。

彼女の服も靴も持ち物も、みんな消えていた。
僕と一緒に撮った写真まで消えていた。

はじめから恋人なんかいないみたいだった。

僕は膝を抱えて床にうずくまった。
その姿は、あの古時計の奥にいた兄と同じ。

目を閉じると、振り子が見える。

目に見えない時を刻み続ける振り子。
暗い扉の中で左右に揺れ続ける振り子。

この振り子を止めてはならない。
もし止めたら、気が狂ってしまう。

僕はうずくまったまま、そう思った。
おそらく迷信に過ぎないのだろう。

だけど今でも僕はそう思っている。
 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s