Children’s Time

We went to Takeshi’s house 
because we would play doctor, 
but the story was different.

“Well, how are you doing?”
“I have a pain in my stomach.”

“Yes, then, let me see you.
First, please take off your clothes.”
“Yes, Doctor.”

Takeshi examines Miyo-chan as usual.

I wanted to see Miyo-chan because I like Miyo-chan, 
but I also can not be a Miyo-chan’s doctor 
because Takeshi also likes her 
and Takeshi is older and stronger than I. 

Then I was OK with either Takeshi’s assistant or nurse, 
but I had another girl, Chi-chan, 
and I had to play with Chi-chan.

I am not good at Chi-chan.
She is a little nervous.

Besides, for some reason 
Chi-chan does not want to be a patient.

“I want to do a female doctor.”
“Oh, that’s funny.”

“It’s not funny.”
“Because this is a doctor’s play.”

“This may be a female doctor’s play.”
“Oh, yes, but …”

Chi-chan looks scary.
In fact, it is a bit scary if Chi-chan gets angry seriously.

I handed a stethoscope to Chi-chan.
I took off my white coat and handed it over.

We also had to change seats.

Takeshi’s father is a real doctor, 
so all the medical instruments we use are real.

Our doctor’s play is quite serious.

“Well, how about your body armor?”
“Nowhere is wrong.”

“Well, no matter where you are, why did you come here?”
“That’s a little uncomfortable …”

I moved the waist around on the chair and showed it.

“Don’t do that, so let’s check it out.”
“Oh, please stop.”

“Don’t do it!
It may be life-threatening.”

“No way.”
I am a little weak.

Chi-chan took the largest syringe in her hand.

“Let’s take off your shorts and pants 
and show me your ass!”
 


【 子どもたちの時間 】

お医者さんごっこをするというので 
タケシ君の家に僕たちは集まったんだけど 

なんだか話が違っていた。

「さて、具合はどうですか?」
「ちょっとオナカが痛むんです」

「そうですか。では、診察しましょう。
 まず、服を脱いでください」
「はい、センセ」

タケシ君はいつものようにミヨちゃんを診察する。

僕はミヨちゃんが好きだから 
ミヨちゃんを診察したかったんだけど 

タケシ君もミヨちゃんが好きで 
タケシ君は僕より年上で力も強いから 

僕はミヨちゃんの担当医になることができない。

それならそれで僕は
タケシ君の助手でも看護師でもかまわないというのに

もうひとりの女の子のチーちゃんがいて
僕はチーちゃんの相手をしなければならないのだった。

僕はチーちゃんが苦手だ。
ちょっと気が強い。

それに、なぜかチーちゃんは患者になりたがらない。

「あたし、女医をやりたい」
「えー。それ、おかしいよ」

「おかしくないよ」
「だって、お医者さんごっこなんだよ」

「女医さんごっこだっていいじゃない」
「そりゃまあ、そうだけど・・・・」

チーちゃんが怖い顔をする。
実際、チーちゃんが本気で怒るとちょっと怖い。

僕は聴診器をチーちゃんに手渡した。
白衣も脱いで渡した。

席も交代しなければならなかった。

タケシ君のお父さんは本物のお医者さんなので 
僕たちの使う医療器具は、みんな本物。

僕たちのお医者さんごっこは、なかなか本格的なのだ。

「さて、おカゲンはいかが?」
「どこも悪くないです」

「どこも悪くないのに、どうしてここに来たの」
「あの、ちょっと居心地が悪くて・・・・」

僕はイスの上で、腰のあたりをムズムズさせて見せた。

「それはいけませんね。では、診察しましょう」
「えー。いいですよ」

「良くありません! 
 命にかかわるかもしれないんですよ」

「ま、まさか」
僕はちょっと気が弱いのだ。

チーちゃんは一番大きな注射器を手に取った。

「さあ。 半ズボンとパンツを脱いで 
 センセにお尻を見せなさい!」
 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s