The Truth of the Incident

I would like to say the truth of the incident.

At that time, the incident made a lot of noise in the world.
First of all, the incident itself was abnormal.

It is so unusual that there were even opinions 
that this might not be incident.

However, because it became so talked, 
no one can say that it is not yet incident.

That’s why it was treated as incident, 
but in fact it was neither incident nor anything.

It was just a rumor.

Feeling that such a thing is likely to happen.
Atmosphere that is uncomfortable if that happens.
Speculation that such a thing might not have happened.
Confidence that it is not strange that such a thing happens.

And delusion that such a thing has happened.

Those who found some value in the rumor spread 
as if it were a fact rather than a rumor.

The criterion should have been interest in whether it is interesting, 
not whether it is a fact.

Because, even without any evidence, 
it became so much talked about and even became the incident.

As a consequential result, the dead came out.

However, even if nothing happens, 
deaths occur naturally at a certain rate.

The danger of equating such stochastic phenomena 
with causal inevitability should be common sense 
that modern people must avoid.

Anyway, just the rumor was made up 
as the incident and treated as an unusual incident.

This is the truth of the incident.

In other words, there was nothing.
 


【 事件の真相 】

あの事件の真相を申しあげます。

当時、あの事件は世間を大いに騒がせました。
そもそも事件そのものが異常でした。

あまりに異常なので、これは事件ではないのではないか 
という意見すらあったほどです。

しかし、あまりに話題になってしまったため 
いまさら事件でない、とは言えなくなったのです。

そういうわけで事件として扱われましたが 
じつは、あれは事件でもなんでもなかったのです。

ただの噂うわさでした。

そういうことが起こりそうだ、という予感。
そういうことが起こったら嫌だな、という気分。
そういうことが起こったのではないか、という憶測。
そういうことが起こっても不思議ではない、という確信。

そして、そういうことが起こってしまった、という妄想。

その噂になんらかの価値を見出した者たちが 
まるで噂ではなく事実であるかのように広めたのです。

その判断基準は、それが事実かどうかではなく 
面白いかどうかの興味本位だったはずです。

なぜなら、なんら証拠もないのに 
あれほど話題になり、事件にさえなったのですから。

派生的な結果として、死者が出る事態になりました。

しかし、たとえまったくなにも起こらないとしても 
ある一定の割合で死者は自然発生するものです。

そのような確率的な現象を因果的必然と同一視する危険性は 
現代人が回避せねばならない常識のはずです。

なにはともあれ、ただの噂は事件として仕立て上げられ 
異常な事件として処理されてしまいました。

これが事件の真相です。

つまり、なにもなかったのです。
 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s