Pawn Shop Anything

I entered a pawn shop.
It was because I needed cash.

“Oh, sir. Welcome.”
I was familiar with the shopkeeper of the pawn shop.

“It’s a consultation,”
I could not see the eyes of shopkeeper.
“I want to sell something, but I have nothing to sell.”

I sold my mother a little while ago.
My father has already died before I sell it.

I have a sister but I can not afford to sell her.
Because there is money for my sister’s medicine fee.

“That was a problem.”
“What can we do?”

The shopkeeper looks at my face as it is.

“You were able to draw a picture?”
“Oh, I can draw it, but will my picture sell?”

“No. Recently, the picture is not a business.”
“That’s probably right.”

“If the picture does not have a buyer, but the ability to draw.”
“What? Can I sell the ability?”

“You can sell it.”
“How much will it cost?”

“Hey, please draw on this.”
He turned the flyer over and handed me with a ballpoint pen.

I draw a sketch of the shop owner on the blank sheet.
It’s been a long time, but I feel I was able to draw quite well.

“This is very good.”
“How much will it cost?”

The shopkeeper hit the calculator key.
“It’s like this.”

It was a fair amount of money.
There is no need to get lost.

“Good. I sold!”

That’s where the business talks were made.
When I got cash, I went straight to the pharmacy.

“My brother. Thank you.”
My sister says thanks while taking medicine.

But I was not very happy.

My sister’s appearance is strange.
She is different from usual.

Why?
My sister’s face didn’t look very cute.

After a while, I finally noticed.

Is that so?
Is this what it means to lose the ability to draw?
 


【 なんでも質屋 】

おれは質屋に入った。
どうしても現金が必要だったからだ。

「おや、先生。いらっしゃい」
質屋の主とは顔なじみだった。

「じつは、相談なんだが」
おれは主の目をまともに見ることができなかった。

「なにか売りたいのだが、なにも売るものがないのだ」

母親は、少し前に売ってしまった。
すでに父親は、売る前に亡くなっている。

妹はいるが、これは売るわけにはいかない。
その妹の薬代のために金がいるのだから。

「それは困りましたね」
「なんとかならないかな」

主はおれの顔をまじまじと見る。

「先生は、たしか絵が描けましたよね」
「ああ。そこそこ描けるが、絵が売れるのか?」

「いいえ。近頃、なかなか絵は売れません」
「そうだろうな」

「絵に買い手はつきませんが、絵を描く才能なら」
「なに? 才能が売れるのか?」

「売れます」
「いくらくらいになる?」

「ちょっと先生、これに描いてみてください」
チラシを裏返して、ボールペンと一緒に渡された。

その白紙にさらさらと、主の似顔絵を描く。
久しぶりだったが、なかなか上手に描けた気がする。

「これはまた、うまいもんですね」
「いくらになる?」

主は電卓のキーを叩いた。
「こんなところですね」

なかなかの金額だった。
迷うことはない。

「よし。売った!」

それで商談成立。
現金を手に入れると、おれはそのまま薬局へ向かった。

「お兄ちゃん。ありがとう」
薬を飲みながら妹が礼を言う。

だが、おれはあまり嬉しくなかった。

妹の様子がおかしいのだ。
いつもと違う。

なぜだろう。
妹の顔が、あまりかわいらしく見えなかった。

しばらくして、おれはやっと気づいた。

やれやれ。
絵を描く才能を失うとは、こういうことか。 
 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s