Witch Trial

Human beings accused of being a witch begin 
by being pulled out before the hearing officer.

At first the reading of the accused sentence.

The contents include, for example, 
killing the fetus and eating it, making a magical secret, 
and causing curse and disaster.

The suspect screams, 
“I am not a witch,” “This is a conspiracy,” etc., 
but it is useless to say anything.

Some say that the devil is yours.

However, it was judged to be a devil’s word for the church, 
and it was sent to the torture stand as it was.

If she does not confess at the hearing, the next is torture.

The defendant was naked, tied tight and suspended.
At that time, a weight can be hung on the foot to increase pain.

Then, it is checked all over the body 
and a search for evidence is performed.

Evidence is an imprint called the devil’s mark.

It is attached at the time of sexual intercourse with the devil, 
and is considered to represent loyalty to the devil.

A bruise, a wart, a mole, etc. were traced 
by contact with the devil, and they were considered 
to be a powerful decision maker for a witch.

If still not found, stick a stick in the throat 
and let everything in the stomach exhale.

In addition, they let her drink plenty of water, 
enema and defecate, and look for stools and feces.

It was also common to swim the witches.

Tie the head and arms of the defendant 
and throw it into the pond.

The witch was considered to be supernatural, 
lighter than water, and the defendant was considered guilty 
and a witches if it floated.

She will not be guilty if she sinks and dies.
In any case, the defendant could not survive.

There were various types of torture for forcing confessions.

Iron boots are worn, and a wedge is driven 
into the gap between the shoe and the foot.

Blood squirts in the first shot, 
and the prisoner screams for too much pain.

It is said that the bones of the knee were broken 
and the bone marrow was scattered at the third shot.

There was also a torture called the witch’s chair.

She sits in an iron chair with holes in the buttocks 
and is simmered with candles from below.

The flesh of her pubic hair, anus and buttocks is burnt 
and accompanied by horrible pains, a
nd she is made into a pitiful body t
hat she can not defecate satisfactorily.

Water torture, finger smashing, squeezing, tongue-out, 
all sorts of horrible torture.

Most people confessed that 
they want to escape pain temporarily but not so.

If the prisoner confessed, she would be a witch, 
and would be alive on fire.

(“Mystery Hall-Medieval Bloody Facts-The Age of Witch Hunt”
Abstract quotation from the extinct web site)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

“That girl is a witch!”

A woman in a rival in love taunted me.
I was drawn before the hearing officer.

“Do you admit that you are a witch?”
An inquiry officer who is also a church priest asks.

“Yes, I am a witch.”
I accepted at a glance.

“And you are a witch again.”

The hearing officer wanders.
“Don’t say something funny. I’m a man.”

“Oh, if you are a witch, 
you should be able to turn into a man.”

There was a black tail 
on the naked butt of the hearing officer.

Before long, a hearing officer was sent to the fire 
with a woman in love who denounced me.

“Huh, don’t stare at the real witch.”

I sentenced the foolish people 
from the seat of the hearing officer.
 


【 魔女裁判 】

魔女であると容疑をかけられた人間は
まず審問官の前に引き出されることから始まる。

まず告発文の朗読。

内容は、たとえば胎児を殺して食ったとか、
魔法の秘薬を作ったとか、呪いをかけて災いを招いたとか。

容疑者は、私は魔女ではありません、陰謀だ、
などと絶叫するが、なにを言っても無駄である。

悪魔はお前たちの方だ、などと毒づく者もいる。

しかし、それは教会にはむかう悪魔の言葉であると判断され、
そのまま拷問台に送られるのだった。 

審問によって自白しなければ、次は拷問。

被告は裸にされ、きつく縛られて宙釣りにされた。
その際、苦痛を高めるために、足には錘をぶら下げられる。

そして、体中くまなく点検され、証拠探しが行われる。
証拠とは、悪魔のマークと呼ばれる刻印。

悪魔との性交時につけられ
悪魔に対する忠誠心をあらわすものとされる。

あざ、いぼ、ホクロなどが悪魔との接触による痕跡とされ
魔女と断定する有力な決め手とされた。

それでも発見されない場合
咽に棒を突っ込んで胃の中のものをすべて吐かせる。

さらに大量の水を飲ませたうえ浣腸までして排便させ
大便と吐瀉物を探索するのだった。

魔女を泳がすこともよく行われた。 
被告の頭や手足を縛り池に放り込むのである。

魔女は水よりも軽い超自然的な存在と考えられ
被告が浮けば有罪で魔女だと見なされた。

沈んで溺死すれば無罪ということになる。 
いずれにせよ、被告は生き延びることはできないのだった。

自白を強要するための拷問には様々なものがあった。

鉄製の長靴が履かされ
靴と足のわずかな隙間にくさびが打ち込まれる。

第一撃で鮮血が噴出し、あまりの痛みに受刑者は絶叫する。
第三撃目で膝の骨は砕かれて骨の髄が飛び散ったという。 

魔女の椅子という拷問もあった。

尻を乗せる部分に穴の開いた鉄製の椅子に座らされ
その下からロウソクであぶられる。

陰毛や肛門、尻の肉が焼けただれて恐ろしい苦痛を伴い
排便も満足にできぬような哀れな体と成り果てる。

水責め、指つぶし、目つぶし、舌抜き、その他
ありとあらゆる恐ろしい拷問が行われた。

ほとんどの人間は、一時的に苦痛を逃れたいがため
ありもしないことを自白した。

自白すれば、受刑者は魔女ということになり
生きたまま火刑に処せられることになるのだった。

(「不思議館~中世の血塗られた史実~魔女狩りの時代」
 すでに消滅したWebサイトより、要約引用)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あの女は魔女よ!」
恋敵の女に密告されてしまった。

私は審問官の前に引き出された。

「おまえは自分が魔女であることを認めるか」
教会の司祭でもある審問官が問う。

「そうよ。私は魔女よ」
私は、あっさり認めてやった。

「そして、あなたも魔女よ」

審問官はうろたえる。
「たわけたことを。私は男だぞ」

「あら。魔女なら、男にだって化けられるはずよ」
裸にされた審問官の尻には黒い尻尾が生えていた。

やがて、私を密告した恋敵の女と一緒に
審問官は火刑に処された。

「ふん。本物の魔女を見くびらないことね」
私は審問官の席から愚かな人間どもに宣告した。
 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s