Sun Yacht Race

The first sun yacht race was extremely fierce.

When light hits the mirror and reflects, 
pressure is applied to the mirror.

This is called light pressure.

A sun yacht is a spacecraft 
whose thrust source is the light pressure from the sun.

It is often misunderstood, 
but it is not blown off by the solar wind.

The solar wind is a wind of gas 
that blows electricity from the sun, 
but it is not energy enough to use it as propulsion force.

In recent years, 
thin-film mirrors that are extremely lightweight 
and capable of holding an extremely large area 
and extremely high-performance thin-film solar cells 
have been developed.

Promotion and posture control in outer space 
has become practically feasible 
by using in combination with an ion engine 
that accelerates by using the charge of ions.

However, because the weight is over, 
people can not get on.
It is an unmanned spacecraft 
by program and remote control.

Regarding the course, 
choosing the route on the way is free.

From the start point near the space station
on the earth’s satellite orbit 
to the goal near the space station
on the satellite orbit of Mars.

The race was competed by three sun yachts.

Although there were five ships, 
two of them were not able to even start and abstained.

You can not maintain your advantage, 
even if you can head at the beginning of the race.

It is impossible to separate the yacht from the sun 
even if you change your course no matter 
how long it takes to break the ship with the sun.

Also, since it is three, 
it is difficult to bargain as game theory.

So the first sun yacht race was extremely fierce.
However, no one knows the race result.

This is because the world final war broke out on the earth 
while developed countries were doing this 
in the universe like this sun yacht race.
 


【 太陽ヨットレース 】

第一回太陽ヨットレースは熾烈を極めた。

光が鏡に当たって反射すると、鏡に圧力が加わる。
これを光圧と呼ぶ。

太陽ヨットは、太陽からの光圧を推力源とする宇宙船のこと。
誤解されることが多いが、太陽風で飛ばされるわけではない。

太陽風は、太陽から吹き出す電気を帯びた気体の風だが 
推進力として使えるほどエネルギーはないのだ。

近年、極めて軽量かつ極めて広い面積を保持できる薄膜鏡
および極めて高性能な薄膜太陽電池が開発された。

イオンの電荷を利用して加速するイオンエンジンとの併用により 
宇宙空間における推進・姿勢制御が実用可能となった。

ただし、重量オーバーとなるのため、人は乗せられない。
プログラムとリモコン制御による無人宇宙船である。

コースに関して、途中経路の選択は自由。

地球の衛星軌道上にある宇宙ステーション近くのスタート地点から 
火星の衛星軌道上にある宇宙ステーション近くのゴールまで。

レースは、3隻の太陽ヨットによって競われた。
出場は5隻だったが、うち2隻はスタートさえできず棄権した。

レース中、たとえ先頭に立つことができても 
そのまま優位を維持することはできない。

後続のヨットが太陽との間に割り込んで影を落とす作戦を採れば 
いくら進路変更を繰り返しても引き離すことは無理なのだ。

また、それが3隻なので、ゲーム理論として駆け引きが難しい。

・・・・というわけで、第一回太陽ヨットレースは熾烈を極めた。
ただし、レース結果は誰も知らない。

こんな太陽ヨットレースを先進国が宇宙でやってる間に 
世界最終戦争が地球上で勃発したからである。
 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s