Give Up

I headed for the examination site with Picomorage.

It is a work of hardship that took three years to prepare, 
a year to produce.

The total cost was also substantial.

Innovative ideas, bold and precise structures, 
benefits and entertainment,
historical masterpieces in all aspects.

It is natural that I may be conceited.

The examination venue was crowded.

The competition attracts worldwide attention, 
the scale has expanded year by year, 
and the number of applicants is rapidly increasing.

However, it must be me that eventually gets noticed.

That way I was lining up in hope, 
lining up in the line of reception of the work, 
and submitting Picomorage along with the document .

At that time, the receptionist slipped his hand 
and Picomorage fell to the marble floor.

It broke.

Picomorage has just broken into two.

“Oh, this is useless. 
This does not meet the screening criteria. 
It seems to be broken so easily.”

The receptionist picked up the broken Picomorage from the floor 
and presented it in front of me.

“Sorry, we can not accept it”

I laughed.

I do not know why I could smile, 
but the broad judging site filled with my laughter.

With this laughter, all the other entries must be broken 
all over the world, everything.

I fit the broken Picomorage exactly and 
pushed the emergency activation switch for emergency.

If the function of Picomorage had not been broken yet, 
probably my character was broken.

Because it should be a switch that should never be pressed.
 


【 諦めなさい 】

私はピコモラゲを抱えて審査会場に向かった。

準備に三年、制作に丸一年かけた苦心の作である。
トータルの費用も相当なものになった。

革新的な発想、大胆かつ精緻な構造、有益性と娯楽性、
あらゆる観点において歴史的な大傑作。

自惚れても当然であろう。

審査会場は混雑していた。

このコンクールは世界中が注目しており 
年々規模が拡大し、応募者数も急激に増えている。

しかし、最終的に注目されるのは私に違いない。

そんなふうに私は希望に燃えたまま作品受付の列に並び 
書類と一緒にピコモラゲを提出したのだった。

と、その時、受付担当者が手を滑らせ 
ピコモラゲが大理石の床に落ちた。

・・・・割れてしまった。
ピコモラゲが真っ二つに割れてしまった。
「ああ。これは駄目ですね。審査基準を満たしません。
 こんなに簡単に破損してしまうようでは」

受付担当者は割れたピコモラゲを床から拾い上げ 
それを私の目の前に差し出した。

「残念ですが、受理できません」

私は笑った。

なんで笑えたのか、私にもわからないが 
広い審査会場が私の笑い声で溢れんばかりになった。

この笑い声で、他の応募作品も全部 
なにもかも世界中が壊れてしまえばいいのに。

私は割れたピコモラゲをぴったり重ね合せ 
非常用の緊急作動スイッチを押した。

もしピコモラゲの機能がまだ壊れていないとしたら 
きっと私の人格が壊れてしまったのだろう。

それは決して押してはならないスイッチのはずなのだから。
 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s