Awakening Season

It was spring and the climate got warmer.

Then, a snake just waking up from hibernation 
came out of my lover’s belly.

“Wow! Great number, this. How many animals are there?”

I can not afford to answer her such innocent questions.
I don’t like reptiles, I fled on the table and evacuated.

“Oh, take care of it.”
“That’s why you said that, these guys are coming out.”

However, after hibernation ware not only snakes.

Where were they lurking in her belly?
A bear came out.

The bear was half asleep and turned over the table with me.

My body was knocked on the floor full of snakes, 
along with breakfast plates, cups and spoons.

I can not afford to feel the pain of that bruise.

I also saw a bigger thing coming out of her belly.

It’s still on the way out, but to imagine, 
I think it’s probably a dinosaur foot.
 


【 目覚めの季節 】

春になって気候も暖かくなった。

すると、冬眠から覚めたばかりの蛇が
彼女の腹からウジャウジャ這い出てきた。

「うわーっ! 凄いね、これ。何匹いるの?」

そんな無邪気な質問に答える余裕などない。

爬虫類ぎらいの俺は
テーブルの上にあわてて避難した。

「おい。なんとかしてくれよ」
「んなこと言ったって、出てきちゃうんだもん」

ところが、冬眠明けは蛇だけではなかった。

彼女の腹のどこに潜んでいたのだろう? 
クマまで出てきた。

クマは寝ぼけて
俺ごとテーブルを引っくり返した。

朝食の皿やカップやスプーンと一緒に
俺の体は蛇だらけの床にぶちまけられてしまった。

その打撲の痛みを感じている余裕はない。

さらに彼女の腹から
もっと大きなものが出ようとしているのが見えた。

まだ出てくる途中ではあるが
想像するに

あれはきっと
恐竜の足ではないかと思う。
 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s