Scooter Girl

She is a refreshing wind that runs through

There is a girl who runs a scooter, hanging a long, 
crinkled hair that has been bleached off 
the end of a small, stiff helmet.

There are a lot of big fools who want to be her scooters, 
witnessing her awful appearance.

However, you guys, your thoughts are sweet.
She is not a simple girl.

What that means is that her butt, which will be soft, 
is connected to the seat underneath, 
and she and the scooter are one.

In other words, half of her is a scooter.
She is a so-called “scooter girl”.

She does not eat chocolate, cake or salad.
Just drink gasoline in liters.

But she does gargle tightly with alcohol.
“Because I am a girl.”

Oh, that’s right.
I would like to see you crash once.
 


【 スクーター少女 】

  彼女は 駆け抜ける
   さわやかな 一陣の風

小さくて渋いヘルメットの端から 
脱色した長い縮れ髪を垂らして 
スクーターを乗りまわす少女がいる。

その凛々しい姿を目撃して
スクーターになりたがる大馬鹿野郎も多い。

しかしながら君たち、考えが甘い。
彼女はただの少女ではない。

どういうことかというと 

さぞ柔らかいであろう彼女のお尻は 
その下のシートとつながっていて 

彼女とスクーターは一体なのである。

つまり、彼女の半分はスクーター。
いわゆる「スクーター少女」なのである。

チョコもケーキもサラダも食べない。
ガソリンをリッターで飲むだけ。

でも、アルコールでちゃんとうがいはする。
「だって女の子なんだもん」

ああ、そうかいそうかい。
一度はねられてみたいもんだね。
 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s