It Doesn’t Matter

“We abducted the SBY 48 Hachiko.”

I was not aware of the voice of the phone.
“Hello, what if”

“If you want her to be safe, prepare a ransom.”
“Oh, on the wrong phone?”

The voice of the phone continued to snarl 
and demanded an amount equivalent to my monthly income.

“Oh, what do I say?”
“We have investigated that you are a fan of Hachiko.”

“Ah, that’s right.”
“If you’re a fan, don’t let her have anything to do with her.”

“Oh, that’s right.”
“If you follow our instructions.”

Given the delivery date and location of the ransom, 
I made a quick note.

“We can not guarantee Hachiko’s life if we meet other fans.”
And the phone was disconnected.

Hachiko, a life-size poster, smiled in front of her.
Certainly I am a passionate fan of her.

But it doesn’t matter.
And what is this subtle amount?

What if I ignore it?
What happens if she is safely protected?

Looking down at the bankbook, I completely thought over.


【 関係ないだろ 】

「SBY48のハチコを誘拐した」

電話の声に心当たりはなかった。
「あの、もしもし」

「無事に帰して欲しければ身代金を用意しろ」
「あの、間違い電話では?」

電話の声はかまわず喋り続け 
俺の月収に相当するほどの金額を要求した。

「あの、なんと申しますか」
「おまえがハチコのファンであることは調査済みだ」

「あの、そうですけど」
「ファンなら、彼女にもしものことがあってはなるまい」

「あの、それはそうですけど」
「だったら指示に従え」

身代金の受け渡し日時と場所を指定され 
俺はあわててメモを取った。

「他のファンに喋ったら、ハチコの命は保証しない」
そして、電話は切れた。

等身大ポスターのハチコが、目の前で微笑んでいた。
確かに俺は彼女の熱烈なファンだ。

しかし、関係ないだろ。
しかも、この微妙な金額はなんだ。

もし無視したらどうなる。
もし無事に彼女が保護されたらどうなる。

預金通帳を見下ろし、俺はすっかり考え込んでしまった。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s