Abandoned Sea

The sandy beach was covered with a drifting object 
and had a strange smell.

The ocean was dyed reddish-brown and languidly.

There was a figure of a man and his son on the beach.

The boy mutters.
“This sea is already over.”

The man responds.
“Yes, it’s already over”

“But the sea is wide.”
“Yes, it’s wide.”

“This sea is also connected to another sea?”
“Yes, they should be connected.”

“Does that mean the whole ocean is over?”
“Yes, that’s right.”

The boy shuts up.

The man takes the bottle out of the coat pocket.

Boys notice that it is not a regular whiskey bottle.

“What is that?”
“What do you think?”

“Liquor?”
“I have already stopped drinking.”

“What, then?”
“This is a medicine that cleans up dirty things.”

“……”
“That’s true.”

“Detergent?”
“It’s not a detergent. It’s a catalyst.”

“Are you stealing from the pharmacy?”
“No. I made it.”

“What do you do?”
“Do this.”

When the man pulled the stopper, 
he threw the bottle into the sea.

Then, the sea surface seen from the place 
where the bottle fell shines, 
and the golden light spreads like a ripple.

“Wow, it’s amazing!”
The boy shouts.

After a while, the light became a ring of donut-like light, 
and when the inside was extinguished, 
the blue sea surface was left.

“How’s that great?”
“Great!”

“I had a hard time making that.”
“Like a lie.”

The boy looks alternately at the ocean and the man’s face.

“Now, I’m finished. We’ll be back.”
“Hm? What will happen to that?”

“The ring of light just keeps spreading to the end.”
“So, is the sea clean?”

“Yes, the whole sea is clean.””Great!”

“It’s not just the sea.
If the steam of the sea turns into a cloud and it rains, 
even the ground will be clean. “

“Wow, it’s great!”

“However”
“Yup.”

“Humans will also be clean.”
“Beautiful or handsome?”

“No, no.”
“Are we good people?”

“No way … Yes, that’s it.”
“Hey, what happens?”

“In other words, when dirt disappears from human beings”
“Yup.”

“Humans can not live.”
“……..”

The boy looks back at the sea.
The golden horizon was shining over the blue ocean.


【 捨てられた海 】

砂浜は漂流物に覆われ、異臭が漂っていた。
海原は赤茶けた色に染まり、けだるげに淀んでいた。

波打ち際に父親とその息子らしき姿があった。

男の子がつぶやく。
「この海、もうダメだね」

男がこたえる。
「ああ、もうダメだな」

「でも、海は広いよね」
「ああ、広いな」

「この海は別の海ともつながってるんでしょ?」
「ああ、つながってるはずだ」

「ということは、全部の海がダメなの?」
「ああ、そうらしいな」

男の子は黙ってしまう。

男がコートのポケットから瓶を取り出す。

それがいつものウイスキーの瓶でないことに 
男の子は気づく。

「なにそれ?」
「なんだと思う?」

「お酒?」
「おれはもう、酒はやめたよ」

「じゃ、なんなの?」
「これはな、汚れたものをきれいにする薬さ」

「・・・・・・」
「本当だって」

「洗剤?」
「洗剤じゃない。触媒って言うんだ」

「薬局から盗んできたの?」
「まさか。おれが作ったのさ」

「それ、どうするの?」
「こうする」

男は栓を抜くと、そのまま瓶を海に投げ捨てた。

すると、瓶が落ちたところから見る見る海面が輝き 
その金色の光が波紋のように広がってゆくのだった。

「わあーっ、まぶしい!」
男の子が叫ぶ。

しばらくすると、その光はドーナツ状の光の輪となり 
内側が輝きを消すと、青い海面が残された。

「どうだ、すごいだろ?」
「すっごーい!」

「あれ作るの、苦労したんだ」
「ウソみたい」

男の子は海原と男の顔を交互に見比べる。

「さあ、用は済んだ。帰るぞ」
「えっ? あれ、どうなるの?」

「あの光の輪がどこまでも広がってゆくばかりさ」
「それじゃ、海がきれいになるの?」

「ああ、全部の海がきれいになる」
「すっごーい!」

「海だけじゃないぞ。
 海の蒸気が雲になって、雨が降れば、地面だってきれいになる」
「わーっ、すっごーい!」

「ただしな」
「うん」

「人間もきれいになるんだ」
「美人とかハンサムに?」

「違う、違う」
「いい人になるの?」

「まさか・・・・いや、そういうことかな」
「ねえ、どうなるの?」

「つまりな、人間から汚れを消すとな」
「うん」

「生きていけなくなるのさ」
「・・・・・・」

男の子は海を振り返る。
青い海原の向こう、金色の水平線が輝いていた。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s