Dungeon

You say that you hear a moaning voice 
like your hair stands on end at midnight?

Is that so. Can you still hear that?
I can not hide it from you.

Besides, you are my daughter’s lifesaver.
Let’s talk to you all without making it a secret.

As you can see, our house is an old building, 
but there is a dungeon directly below this.

Yes, it is something that appears in the Edo period drama.

I have never actually seen it, I just listen to the story.

Even now the dungeons remain, 
but no one can go downstairs.

When the grandfather of that photo was still alive, 
he filled the underground entrance.

It’s awful, but he left alive people.
In other words, to bury someone alive.

Not only men but also young women were there.

That roar is not something of a ghost.
Someone is still alive. It’s not a lie.

Have you ever heard of it?

A story that people become immortal 
when they eat mermaid meat.

That’s it. That story is true.
My grandfather was jealous.

He had them feed on mermaid meat, 
make them immortal, 
and then live buried in the dungeon.

As a precaution, 
be sure to tie them over with a strong chain 
so that they can not escape on their own.

He stabbed them with a brass stick 
as they continue to suffer forever while alive, I hear.

So they are still suffering.

Yeah, I think so too.
I should dig them out underground.

However, because it is a crime that is too scary, 
I have no courage to do it now.

You have no blood connection with my grandfather.

When you get into our house and eventually I die, 
you should dig them out.

I will ask you.


【 地下牢 】

真夜中に聞こえると言うのですね、
身の毛もよだつような呻き声が。

そうですか。やはり聞こえますか。
隠しておくことはできないものですね。

それに、あなたは娘の命の恩人だ。
秘密にせず、すべて話してしまいましょう。

ご覧のように当家はじつに古い建物ですが、
じつは、この真下に地下牢があるんですよ。

ええ、時代劇に出てくるようなあれです。

私もそれを実際に見たことはなくて
ただ話に聞いているだけなんですけどね。

今でも地下牢は残っているのですが 
誰も地下へ降りることはできません。

あの写真の祖父がまだ生きていた頃 
地下の出入り口を埋めてしまったのでね。

ひどい話ですが、生きてる人を残したまま。
つまりその、生き埋めということですね。

男だけでなく、若い女もいたそうですよ。

あの呻き声は幽霊なんかじゃありません。
まだ生きてるんですよ。嘘じゃありません。

あなた、聞いたことがありませんか。
人魚の肉を食うと不死身になるという話。

あれですよ。あの話は本当なんです。
よっぽど祖父は恨んでいたんでしょうね。

人魚の肉を食わせて死ねない体にさせ、
そうしておいて地下牢に生き埋めにした。

用心して、自力で脱出できないように
丈夫な鎖で幾重にも体を縛り付けてね。

生きながら永遠に苦しみ続けるように
真鍮の棒で串刺しにしたとも聞きます。

だから、いまだに苦しんでいるんですよ。

ええ、私もそう思います。
地下から掘り出してやるべきでしょう。

ですが、あまりにも恐ろしすぎる犯罪ですから
いまさらそれをする勇気が私にはないのです。

あなたは祖父との血の繋がりがない。

当家に婿入りして、やがて私が死んだら
あなたが掘り出してやってください。

頼みますよ。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s