Summer Scarf

There is a faucet on my right leg knee.

There is a handle on the knee of the left foot next to it, 
and twisting it will drain water 
from the faucet on the right knee.

If I turned it while watching TV, 
the handle suddenly came off.

Unable to stop the flowing water, 
the floor in the living room covered 
with the carpet became submerged.

“Oh, what should I do?”
“Well, what should I do?”

Mom sat upright on the table and was keen to knit.

She should have been lying on the floor until a while ago …

Now she’s crazy about moving two crochets, 
and Mom never sees me.

“Mom. What are you knitting?”
“Now what?”

It is a scarf to give to Dad.

It’s just summer now, but it won’t be late for winter.
Because Mom are slow to do anything.

“Ah! Mom, don’t do that.”
I was surprised.

“Oh, why? Nice patterns.”

I wondered when she picked up.

Mom is trying to weave a woolen scarf 
with the handle off my left knee.

“If you’re wrong, you’re not.”
“What’s wrong?”

It has almost already been woven.

When it comes to such things, 
somehow Mom is as quick as it ever was acting.

“Oh. I wonder How can I me?”
“Yes, what should I do?”

I was at a loss.

Water continues to flow from the faucet on the right knee.

The other living room, was like a little pond, 
carpet had begun to float from the floor.

Speaking of which, the pattern of the carpet is fish.

“Oh. Aren’t we going to winter early?”
“Ufu-fu. A strange boy.”

I think Mom are strange adults.

I’m very happy if Mom’s scarf is finished quickly 
and Dad doesn’t like it, but …


【 夏のマフラー 】

僕の右足のひざには蛇口がある。

となりの左足のひざにはハンドルがあり 
これをひねると右ひざの蛇口から水が出る。

テレビを観ながらひねっていたら 
不意にハンドルがはずれてしまった。

流れる水を止めることができなくて 
絨毯を敷いた居間の床が水びたしになった。

「ああ。どうしよう」
「そうね、どうしたらいいのかしら」

ママはテーブルの上に正座して
熱心に編み物をしていた。

さっきまで床に寝そべっていたはずなのに・・・・ 

今は二本のかぎ針を動かすのに夢中で 
ママはこっちを見ようともしない。

「ママ。なにを編んでいるの?」
「さあ、なにかしら」

パパにプレゼントするマフラーだ。

まだ夏になったばかりだけど 
でも、冬には間に合わないだろう。

だってママは、することがなんでも遅いから。

「あっ! ママ、だめだよ」
僕はびっくりした。

「あら、どうして? すてきな模様よ」

いつの間にひろったんだろう。

僕の左ひざからはずれたハンドルを 
ママは毛糸のマフラーに編み込もうとしている。

「だめだったら、だめだよ」
「なにがだめなの?」

もうほとんど編み込まれてしまった。

こういうことになると、なぜかママは 
いままでが演技だったみたいに素早い。

「ああ。僕はどうしたらいいんだろう」
「そうね。どうしたらいいのかしら」

僕は途方に暮れてしまった。

右ひざの蛇口からは水が流れ続けている。

もう居間は、ちょっとした池みたいで 
絨毯が床から浮き始めていた。

そういえば、絨毯の絵柄はおサカナだ。

「ああ。早く冬にならないかな」
「うふふふ。変な子ね」

ママこそ変な大人だと思う。

ママのマフラーが早くできあがって 
そして、パパがそれを気に入らなかったら 
僕はとても嬉しいのだけれど・・・・

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s