Blood Lipstick

My palm was bloody.
Apparently my head was broken.

It was strange that I was still alive.

Where on earth, where am I?
I looked around.

Dead bodies lying around everywhere.
They are burned to black and even gender is unknown.

Trying to move the body makes me feel pain.
I struggled somehow and got up.

There is a weak voice.

I listened carefully.
It sounds like a cat’s cry.

There was a child by the ripped wood.
The child was laying a baby.

Too small, I can not believe it.
It is as if a child of a cat.

My gaze matched that girl who licked it.

“Are you okay?”
“Uuu····”

“What, what do you do?”
“I do not know, but I will not let you eat this.”

“Stupid.”
“I am stupid, but I can not do anything.”

She looks pretty intelligent.
But she was too thin.

“Does milk come out?”

Children shake their heads sideways.
I asked a foolish question.

Even if I approached, the child did not run away.
It may be that she has no physical strength to escape.

My blood came down from my forehead when I crouched.

I touch the cracked head of my hand.
Painful.

The blood is still dry.
Crimson hand.

Fear to my hand and stretch it to the baby.
I touch that small mouth with that fingertip.

Blood got there and seemed to be painted lipstick.

I kept silent and watched the baby for a while.

“Is it still useless?”
“This baby is still alive.”

“It’s not like that, it’s not make-up to death.”
“What?”

“After all, it will not lick this.”
“Fool.”

I feel dizzy.
The ground approaches my face.

I cannot see anything.

There is no power.
The consciousness will fade away.

It seems that this is apparently my own death.
Originally it was strange that I was alive.

I fall down slowly.
Slowly falling somewhere to a dark place.

“Ah, licked it.”
My child’s voice sounds somewhere far away.

And a baby ‘s a crying voice …


【 血の口紅 】

手のひらが血まみれだった。
どうやら頭を割られたらしい。

まだ生きているのが不思議だった。

いったい、ここはどこだろう。
あたりを見まわしてみた。

いたるところに死体が転がっている。
真っ黒に焼けて、性別さえわからない。

からだを動かそうとすると、あちこち痛む。
なんとか苦労して立ち上がった。

弱々しい声がする。
耳を澄ましてみた。
猫の鳴き声のようにも聞こえる。

裂けた木材のかたわらに子どもがいた。
子どもが赤ん坊を産んでいた。

小さくて信じられない。
まるで猫の子だ。

それを舐める子どもと目が合った。

「大丈夫か?」
「ううう・・・・」

「それ、どうするんだ?」
「わかんない。でも、食べさせない」

「ばか」
「ばかだよ。でも、どうしようもない」

なかなか賢そうな顔をしている。
だが、あまりにやせすぎていた。

「お乳は出るか?」

子どもは首を横にふる。
ばかな質問をしたものだ。

近寄っても、子どもは逃げようとしなかった。
逃げる体力が残ってないのかもしれない。

しゃがんだら、額から血が垂れてきた。

割れた頭に手を触れてみる。
・・・・痛い。

まだ血は乾いていない。
真っ赤な手。

その手をおそるおそる赤ん坊に伸ばす。
指先で小さな口に触れてみる。

血がついて、口紅を塗ったみたいになった。

しばらく黙って赤ん坊を見守った。

「・・・・だめか」
「この子、まだ生きてる」

「そうじゃなくて、死に化粧じゃなくて」
「なに?」

「やっぱり、舐めないな」
「ばか」

めまいがした。
地面が顔に近づく。

なにも見えなくなる。

力が入らない。
意識が薄れてゆくのがわかる。

これがどうやら死ぬということらしい。
もともと生きているのが不思議だったのだ。

ゆっくり落ちてゆく。
どこか暗いところへ、ゆっくり落ちてゆく。

「あっ、舐めた」
どこか遠くで子どもの声がする。

そして、赤ん坊の泣き声・・・・

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s