Blue Mouse

Without knocking, a subordinate came into the room.
“Boss. Look at this guy.”

One blue mouse in the hands of my subordinate.

“What is that?”
“That’s right, if you anger this mouse, 
it gets in the left pocket or something.”

“So what happens?”
“Well, there is no big deal.”

“Well. Crap.”
“But if you raise the mouse more, 
it moves from there to the right pocket.”

“Well. It’s stupid.”
“Well, boss. Please hit it a little bit.”

With an innocent smile from that strange child, 
my man thrust out a blue mouse in front of me.

I sigh.
Oh, I wonder why I have only such a man.

… There is no way.

I gave up 
and pricked the head of the blue mouse with a fingertip.

The mouse gave a sharp cry.

It quickly released my man’s hand and jumped to me 
and plunged into the left pocket of my suit.

“Wow, what is it?”

The mouse runs wild in the pocket.
It is so intense that I almost fall from a chair.

“How is it? Is it quite?”
“Here. Somehow. Stop it.”

“Hm, do you give up?”
“Yes. Wow, this is unbearable.”

“Yeah, it’s really a shame.”
“Hey, ask. Make it fast.”

“You should apologize to the mouse.”
“What is it?”

“I’m sorry, the boss apologizes.”
“I am, to this mouse?”

“There is no other way to stop it.”

“I’m sorry.”
“He can not hear it with such a small voice.”

“Sorry, I’m sorry. I’m sorry.”
“With more heart.”

“Mr. Mouse. I apologize. I was bad.
Thank you very much.”

Then the inside of my pocket became quiet.

Where the mouse came out of my left pocket, 
the man reached out and caught it softly.

Damn. The life has shrunk.

“What, what is this?”
“It is so-called a mouse that understands human words”
If at all, my man.

“Why does this guy get in the left pocket?”
“Now, why not?”

The subordinate talks to the mouse.

“You, why are you in the left pocket?”

Then the blue mouse screams like a mouse.
It seems that it can not speak human words.

“It’s the mouse style that he does from the left.”
Are you a mouse man?

“What will happen 
if I make it more angry and move to the right pocket?”

“When that happens, it’s already quiet.”
“Do not tell a lie.”

“It’s true, boss.”
“I can’t believe it.”

“But, boss.
When it moves in the pocket from left to right, 
it passes through the body. “

The face of the subordinate who smiles brightly 
while brushing the small head of the blue mouse 
was in front of me.

Oh, no more.


【 青いネズミ 】

ノックもせず、部下が部屋に入ってきた。
「ボス。こいつを見てやってください」

部下の手の中には、一匹の青いネズミ。

「なんだ、それは」
「じつはですね、このネズミを怒らせると
 左のポケットに入ったりするんですよ」

「それで、どうなるというんだ」
「まあ、たいしたことはありません」

「ふん。くだらん」
「ですが、もっとネズミを怒らせると
 そこから右のポケットに移るんです」

「ふん。ますますくだらん」
「まあ、ボス。こいつの頭をちょっとだけ
 小突いてみてくださいよ」

そのへんの子どもより無邪気な笑顔で 
部下は青いネズミを私の目の前に突き出した。

私はため息をつく。

ああ、どうして私には 
こんな部下しかいないのだろう。

・・・・しかたあるまい。

私は諦めて 
その青いネズミの頭を指先で小突いてみた。

ネズミは鋭い鳴き声をあげた。

すぐに部下の手を放れ、私に飛びかかると 
背広の左ポケットにもぐり込んできた。

「わあ、なんだなんだなんだ」

ポケットの中でネズミが暴れるのである。
椅子から転げ落ちそうになるくらい激しい。

「どうです。なかなかでしょう」
「こら。なんとかしろ。やめさせろ」

「えっ、やめるんですか、もう」
「そうだ。わあ、こりゃたまらん」

「いやあ、じつに残念ですね」
「た、頼む。早くしてくれ」

「ネズミに謝ればいいんですよ」
「な、なんだと」

「すみませんって、ボスが謝るんですよ」
「このおれが、ネズミにか」

「やめさせる方法は、他にありません」

「・・・・すみません」
「そんな小さな声では聞こえませんよ」

「すみません。すみません。すみません」
「もっと心を込めて」

「ネズミさん。謝ります。私が悪かった。
 まことに申しわけありませんでした」

すると、ポケットの中が静かになった。

左ポケットからネズミが顔を出したところを 
部下が手を伸ばして、そっと捕まえた。

くそっ。寿命が縮んでしまったぞ。

「なんなんだ、これは」
「いわゆる言葉のわかるネズミです」

まったくもう、私の部下ときたら。

「どうして左のポケットに入るんだ」
「さあ、どうしてなんでしょう」

おもむろに部下はネズミに話しかける。

「君、どうして左ポケットに入るの?」

すると、青いネズミがネズミらしい声で鳴く。
さすがに人の言葉は発声できないらしい。

「左からやるのがネズミの流儀だそうです」

お、おまえはネズミ男か。

「もっと怒らせて右のポケットに移ると
 それからどうなるのだ」

「そうなると、もうおとなしいもんですよ」
「嘘をつけ」

「本当ですよ、ボス」
「信じられんな」

「ただしですね、ボス。
 左から右へポケットを移動するとき
 こいつ、体の中を通り抜けるんですよ」

青いネズミの小さな頭を撫でながら 
明るく笑う部下の顔が目の前にあった。

ああ、まったくもう。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s