Doors Everywhere

You open the door.

Is it a dining room?
There is a big table in the center.

There is a white dish on the table.
A woman’s head rests on the dish.

You feel that the curves of her eyebrows and lips are similar.

“Welcome,welcome. I will be waiting for you.”

Wrong.
It is not here.

You close the door.

You can open the next door.

Is it a tropical jungle?
A huge snake hangs from the ceiling.

The snake’s throat is swelling.
You can see the face of a woman in the open mouth.

A woman swallowed by a serpent smiles.

“Oh, that’s okay.
Even if you do not care so much.”

It is different.
It is not here either.

You close the door.

That way the rows of doors are lined up.
They are lined up everywhere and everywhere.


【 どこまでも扉 】

扉を開ける。

食堂だろうか。
中央に大きなテーブルがある。

テーブルの上には白い皿が置いてある。
その皿の上には女の首が載っている。

眉と唇の曲線が似ているような気がする。

「ようこそ、いらっしゃいませ。
 お待ちしておりましたわ」

違う。
ここではない。

扉を閉める。

次の扉を開ける。

熱帯のジャングルだろうか。
天井から巨大な蛇が垂れ下がる。

蛇の喉は膨らんでいる。
開いた口の中に女の顔が見える。

大蛇に飲み込まれつつある女が微笑む。

「あら、いいのよ。
 そんなに気を遣わなくても」

違う、違う。
ここでもない。

扉を閉める。

そんなふうに
扉の列が並んでいる。

どこまでもどこまでも
並んでいる。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s